【国産車・外車別】疲れない車をボディタイプ別ランキングでご紹介!

【国産車・外車別】疲れない車をボディタイプ別ランキングでご紹介!

長距離ドライブを楽しむ機会が多い人やアウトドアによく出かける人には、疲れにくい車がおすすめです。

疲れにくい車というと、具体的にどのような車のことを言うのか疑問に感じている方も多いでしょう。

そこで今回は、疲れにくい車の特徴や選び方と合わせて、ボディタイプ別に国産車・外車の疲れにくいおすすめ車種をご紹介していきます。

目次

疲れない車はどんな車?特徴や選び方を解説

疲れにくい車とは、どのような車なのでしょうか。疲れにくい車の特徴と合わせて、選び方も詳しくチェックしていきましょう。

乗り心地が良い車

車に乗っていてストレスを感じにくく、乗り心地が良い車は疲れにくい車の特徴のひとつです。

ボディ剛性やサスペンションの柔軟性がある車は、路面からの振動を感じにくく、揺れを最小限に抑えてくれます。足回りがしっかりしていると、操作性が高くなる傾向もあり、操作と車の動きが呼応し、ストレスのないハンドリングが可能です。その他にも、シートのホールド性、静粛性、加速性能なども乗り心地に影響を与えます。

ドライブで疲れを感じるポイントを考え、「揺れで身体が動いて疲れる」「操作に力が入って疲れる」「音が気になって落ち着かず疲れる」などの悩みに合わせて、乗り心地の良い車を選びましょう。

視界の良い車

視界の良さもドライブの疲労を軽減するポイントです。

視界が確保されていないと、体勢を変えて視認しなくてはいけないので、身体を動かす分疲れやすくなります。

限られた視界で周りに気を配ることで身体だけでなく、頭も疲労するでしょう。視界の良い車は、目線の位置が高く、体勢を変えずより広い範囲を見渡すことができます。疲労しにくいだけでなく、安全面でも安心感があり、リラックスして運転できるでしょう。

運転支援システムが充実している車

運転支援システムが充実している車は、運転をアシストすることによって、ドライバーの負担を減らしてくれます。

先行車に車間距離を保って追従する「クルーズコントロール」、車線中央を維持するようにハンドリングをアシストする「レーンキーピングアシスト」などのシステムは、ドライバーの操作を大幅にカットしてくれるので、疲労軽減効果も抜群です。

安全性の向上にもつながるので、操作の疲れをなくしつつ安全な車に乗りたいという方は、運転支援システムの有無をチェックしてみましょう。

【国産車】疲れにくい車ランキング

ここでは、国産車で疲れにくいおすすめ車種をボディタイプ別にランキング形式でご紹介していきます。車種の特徴をおさえて、自分に合った車種を選びましょう。

軽自動車おすすめランキング

【第1位】スズキ ハスラー

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

スズキ ハスラーは、箱型のシルエット・バリエーション豊富なカラーリングが可愛らしい軽自動車です。

エクステリアとインテリアに遊び心があるだけでなく、いつでも快適にドライブできる機能性も備わっています。前席の高さを上げることによって、アイポイントを高めに設定し、広い視界を確保しました。

ハンドルやシートの位置を調節できるように、チルトステアリングとシートリフターもあり、体格や好みに合わせた位置調整によって、最適な姿勢を実現し疲労を軽減してくれます。

【第2位】日産 デイズ

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayz.html

日産 デイズは、軽自動車で初めて、先進運転アシスト技術「プロパイロット」を搭載した車種です。

プロパイロットとは、高速道路の渋滞走行や長時間の巡行走行において、アクセル、ブレーキ、ハンドルの操作をアシストする機能で、車間距離・車線中央をキープしながらドライバーの疲労を軽減します。

室内空間は大人4人でもゆとりのある広さで、後席では脚が組めるほどの広さがあります。余裕を持ったスペースで、リラックスして過ごすことができるでしょう。

【第3位】ホンダ N-WGN

出典:https://www.honda.co.jp/N-WGN/

ホンダ N-WGNは、運転中の負担や不安を少しでも減らすために、誰でも無理なく運転できる機能・装備を備えた軽自動車です。

スムーズな加速とパワーを兼ね備え、坂道や雪道、カーブなどをスムーズに走り抜けることができます。ハンドルは自然な操作感にこだわっており、少ない動作で負担を減らしつつ、快適なハンドル操作を実現しました。

コンパクトカーおすすめランキング

【第1位】ホンダ フィット

出典:https://www.honda.co.jp/Fit/

ホンダ フィットは、4つの心地よさにこだわったコンパクトカーです。

心地よい視界、座り心地、乗り心地、使い心地を兼ね備えており、見晴らしの良さや長時間乗っても疲れにくい室内空間、パワフルかつスムーズな走行性能などによって、ドライバーや同乗者の疲れを軽減してくれます。ライフスタイルに合わせて選べる5つのラインナップを用意し、自分好みのフィットを選べるのも特徴です。

【第2位】マツダ MAZDA2

出典:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda2/

マツダ MAZDA2は、シンプルさとエレガンスさを表現した、スタイリッシュなデザインが特徴のコンパクトカーです。思い通りに走れる性能は、「自然と笑みがこぼれるほど、運転しやすいクルマです」と表現されています。

人間中心の設計思想をベースにつくられたコクピットや軽快な走りを生み出すエンジン、最適かされたシートとサスペンションによって、上質で心地よい走りを追求し、疲労やストレスのないドライブを楽しめるでしょう。

【第3位】スズキ スイフトスポーツ

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/

スズキ スイフトスポーツは、流れるような美しいフォルムやスポーツモデルらしいたくましい走りが特徴的です。

専用サスペンションによるハンドル操作の安定感やパワフルなエンジン・トランスミッションなどによって、胸がすくような滑らかな走りを体感できます。

先行車を追従し運転をアシストするアダプティブクルーズコントロールをはじめとした先進安全装備も充実しています。

セダンおすすめランキング

【第1位】レクサス LS

出典:https://lexus.jp/models/ls/

レクサス LSは、レクサスらしい風格が漂うエクステリアやインテリアを持った上質なセダンです。

洗練された外装・内装だけでなく、走りにもこだわっており、静粛性と乗り心地に優れています。初代から上質な走りを追求し続け、静かな室内空間、疲れを感じさせない乗り心地を実現しました。

全車に標準装備された予防安全パッケージには、走りの負担を軽減するレーダークルーズコントロールやレーントレーシングアシスト、レーンチェンジアシストなども含まれています。

【第2位】スバル インプレッサスポーツ

出典:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

スバル インプレッサスポーツには、運転支援システム「アイサイト」が搭載されています。

2つのカメラによって、周囲の情報や走行状況を把握し、安心・快適な運転を支援する機能です。「疲れない」をサポートする機能として、ツーリングアシスト機能でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作をアシストし、運転の疲れを大幅に軽減してくれます。

走りの質にもこだわり、路面状況を問わず快適な乗り心地、ステアリング操作に対する正確な反応、静粛性によって快適なドライブが可能です。

【第3位】日産 シルフィ

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sylphy.html

日産 シルフィは、美しさとクオリティにこだわった高級感あふれるプレミアムセダンです。

快適性にこだわった室内には、運転姿勢に合わせてハンドル位置を調節できるチルト・テレスコピックステアリング、脚を組んでも3人並んでもゆとりがあるリヤシートを備えています。

ミニバンおすすめランキング

【第1位】ホンダ フリード

出典:https://www.honda.co.jp/FREED/

ホンダ フリードの特徴は、全席が広く確保されたくつろぎの室内空間です。前後の幅にゆとりがあり、脚を組んでも余裕のあるスペースが広がっています。

2列目キャプテンシートによってシート間を移動することもでき、機能的で広々した室内でゆったり快適に過ごせるのが魅力です。

コンフォートビューパッケージを設定すれば、水滴や曇りを取り除くドアミラーや水滴をはじくフロントドアガラスを搭載でき、雨天時でも良好な視界を確保できます。

【第2位】日産 セレナ

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

日産 セレナは、ダイナミックかつスマートなエクステリアが目を惹くミニバンです。

e-POWERモデルは、100%モータードライブを実現し、家族全員が乗り荷物をたくさん積んでも、パワフルでスムーズに走ります。静粛性にも優れ、静かな車内で家族で話したり、音楽を楽しんだりしながら、リラックスしてドライブできるのが特徴です。

【第3位】三菱 デリカD:5

出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

ダイナミックなデザインが印象的な三菱 デリカD:5は、ミニバンらしからぬ走行性能を備えています。

4WD性能やボディ形状を備え、コンディションに関わらず力強く安定感あるドライブを叶える走破性能も確保しました。

走りの質感にこだわったクリーンディーゼルターボエンジンや疲労感を軽減するサスペンション、操縦安定性をもたらす堅牢ボディなども備え、疲労を感じさせずに遠くまで連れて行ってくれます。

SUVおすすめランキング

【第1位】ホンダ CR-V

出典:https://www.honda.co.jp/CR-V/

ホンダ CR-Vには、「メカのスペースは最小に、人のスペースは最大に」というHondaの思想を表現した室内空間が広がっています。

2列目シートは座面と背もたれにゆとりがあり、サイドポートに厚みを持たせることによって、ホールド感を向上しました。7名乗車できるガソリン車では、3列目シートがあり、乗車人数やシーンに合わせてシートアレンジが可能です。

ゆとりと機能性を備えた室内空間によって、ドライバーや同乗者の負担を軽減してくれるでしょう。

【第2位】マツダ CX-8

出典:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

マツダ CX-8は、クリーンディーゼルエンジンを搭載した美しいエクステリアが印象的な都市型SUVです。

インテリアにもこだわっており、心地よく身体を支えるシートを搭載し、シートにはベンチレーションやシートヒーターなどの快適装備も搭載されています。コーナリング性能や直進安定性を高める設計・システムによって、ストレスのないドライブを実現しているので、ドライバーや同乗者の疲労も軽減してくれるでしょう。

【第3位】スバル XV

出典:https://www.subaru.jp/xv/

スバル XVは、SUVらしいダイナミックなフォルムながら、街にも馴染む個性的なエクステリアが魅力です。

ステアリング操作へのスムーズな反応によって、ハンドルの無駄な操作が減り、ドライバーはもちろん、同乗者の疲労軽減も期待できます。

走破性能によってあらゆる路面も走り抜けるだけでなく、車体の強度やボディ構造が振動・騒音をカットし、揺れや音で落ち着かず疲れるということも少なくなるでしょう。

【外車】疲れにくい車ランキング

疲れにくい国産車をチェックしたところで、疲れにくい外車もチェックしていきましょう。こちらもボディタイプ別にご紹介しますので、車選びの参考にしてみてください。

コンパクトカーおすすめランキング

【第1位】フォルクスワーゲン ゴルフ

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golf.html

フォルクスワーゲン ゴルフは、「クルマよりも乗る人の人生が大事」というコンセプトによってつくられた、誰もが使いやすく乗りやすいコンパクトカーです。上質なレザーシートを採用しており、シートヒーター、パワーシートによって快適性も備えています。

駐車可能スペースの検出と自動ステアリング操作を実現したパークディスタンスコントロールも備え、気を遣う駐車時を軽減してくれるのも嬉しいポイントです。

【第2位】アウディ A3

出典:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/a3_sportback.html

アウディ A3は、取り回しのしやすいサイズ感に、使い勝手や上質な走りをプラスしたオールラウンドなコンパクトカーです。

先進支援システムも備えており、アダプティブクルーズコントロールなどによって、運転をアシストして負担を軽減しつつ、前者に安全な距離で追従することができます。

危険を察知して自動的にブレーキを作動させる機能もあり、安全性に優れているのも安心感のあるドライブを叶えるポイントです。

【第3位】メルセデスベンツ Aクラス

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/a-class/a-class-hatchback/explore.html

メルセデスベンツ Aクラスは、コンパクトカーには見えない、精悍なフォルムが印象的な車種です。ラグジュアリーな印象はエクステリアだけでなくインテリアも表現され、スタイリッシュで快適な室内が心地よいドライブを支えてくれます。

自然対話式音声認識機能を搭載しており、「ハイ、メルセデス」と声をかけると、操作を自動で行い、無駄な操作を減らして疲労の少ない運転が可能です。

セダンおすすめランキング

【第1位】アウディ A4

出典:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4.html

アウディ A4は、欧州で人気の高いプレミアムなセダンです。

流麗なフォルムはスポーティに磨き上げられ、スタイリッシュで洗練されたデザインに仕上がっています。マイルドハイブリットシステムや4WDシステムによって、高効率で快適な走行性能を実現し、ストレスフリーなドライブを体感できるのが特徴です。

【第2位】プジョー 508

出典:https://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/508.html

プジョー 508は、プジョーのロゴが映える洗練されたデザインの最上位モデルのセダンです。

足回りにアクティブサスペンションを搭載することによって、なめらかなハンドリングを実現し、安定感のあるスムーズな走りを実現します。パワフルな1.6Lターボエンジンも備え、コンディションに影響されずに、力強くドライバーや同乗者を旅に連れて行ってくれるでしょう。

【第3位】BMW 7シリーズ

出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/7-series/sedan/2019/bmw-7-series-sedan-inspire.html

BMW 7シリーズは、堂々とした風格を漂わせるラグジュアリーなセダンです。

日本初導入となる「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載し、運転の疲れを軽減しつつ、快適なドライブを楽しむことができます。ステアリング&レーン・コントロール・アシストやパーキング・アシスト・プラスなども安全で心地よいドライブを叶えてくれる機能です。

ミニバンおすすめランキング

【第1位】メルセデスベンツ Vクラス

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/explore.html

メルセデスベンツ Vクラスは、メルセデスベンツらしい高級感が全面に表現された大型ミニバンです。インパクトのあるエクステリアだけでなく、インテリアの素材にもこだわっています。

多彩なシートアレンジによって、室内を自在にアレンジし、快適で疲れにくい空間に変えられます。走行性能にも優れ、ディーゼルターボエンジンによってロングドライブもパワフルに走れるのも魅力です。

【第2位】BMW 2シリーズ グランツアラー

出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2018/at-a-glance.html

BMW 2シリーズ グランツアラーは、ダイナミックなデザインの中にも、モダンで街に映えるフォルムが魅力的なミニバンです。

高回転・効率なガソリンエンジンやディーゼルエンジンによって、力強く俊敏にパフォーマンスを発揮し、心地よいドライビングを可能にします。大きく開くドアやアレンジ自在な2列目シートなど実用性も高く、走り以外の部分でもユーザーの負担を減らしてくれるでしょう。

【第3位】フォルクスワーゲン シャラン

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/sharan.html

フォルクスワーゲン シャランは、全席独立型の3列シートを採用したミニバンです。多彩なシートアレンジや乗り降り・荷物の出し入れに便利なパワースライドドア、広々としたラゲージスペースによって、お出かけの準備の疲れも軽減してくれます。

エンジンには、2.0L TDIエンジンを採用し、クリーンディーゼルの特徴を生かした力強く余裕のある走りで、快適なドライブを楽しめるのも魅力です。

SUVおすすめランキング

【第1位】MINI クロスオーバー

出典:https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-crossover-new.html

MINI クロスオーバーは、MINIらしい可愛らしいフォルムと街中でも山道でも走りきる走破性を兼ね備えたSUVです。シートには、メモリー機能付き電動シートを採用し、身体に適した姿勢で座ることができるので、座り心地がよく、ドライブ中の疲れを軽減してくれます。

足をかざすだけでバックドアが開くイージー・オープナーや大容量ラゲージなどもあり、SUVらしい収納力・機能性も魅力的です。

【第2位】ボルボ XC60

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60?utm_source=google_sem_jp&utm_medium=cpc&utm_content=brand_other_text_xc60&utm_campaign=local_google_xc60_regular2020&gclid=Cj0KCQiAzsz-BRCCARIsANotFgMGHjDsANP_uuEZcZiPlxpwMibd0C4sxIpkzU9gM4_vdh0QHOWbQVUaAlRIEALw_wcB

ボルボ XC60は、2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、2018年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したSUVです。

心地よく身体にフィットするシートや実用的な室内空間を備え、疲労することなく快適に過ごすことができます。

走行性能にも優れ、ゆとりのある走りを実現するパワーがあり、ストレスフリーなドライブを楽しむことが可能です。

【第3位】フィアット 500X

出典:https://www.fiat-auto.co.jp/500x/

フィアット 500Xは、イタリア仕立てのデザインが印象的な都市に映えるアーバンSUVです。

先進的なエンジンを搭載することによって、アクセル操作に車が呼応し、気持ちの良いパワフルな加速を実現しています。

アダプティブクルーズコントロールを搭載しており、運転アシストを生かして、負担の少ないドライブを楽しめるのも特徴です。

疲れない車に賢く乗るならカーリース

疲れにくい車は快適なロングドライブを楽しめますが、走行性能や機能性などが充実している分、価格が異なることもあります。車の購入が難しい場合は、カーリースがおすすめです。

カーリースでは、保険料や税金などが含まれた月額料金で利用でき、維持費用や頭金などを心配せずに車に乗り始めることができます。カーリース会社によって契約期間が異なるので、長期間利用したり、数年の間短いスパンで使ったりすることも可能です。

気になる車種を取り扱っているカーリース会社を比較しながら、疲れにくい車をカーリースで利用してみましょう。

まとめ

今回は、疲れにくい車について詳しくご紹介しました。

疲れにくい車は、乗り心地の良さや視界の良さ、運転支援システムの充実といった特徴があり、走りやすさやストレスのない空間設計などが快適なドライブを叶えてくれます。

国産車・外車それぞれに疲れにくい魅力的な車種があり、それぞれに個性があります。気になる車種を見つけて、購入やカーリースを検討してみましょう。