【国産車・外車】安全な車の選び方と安全性が高い車ランキング!

【国産車・外車】安全な車の選び方と安全性が高い車ランキング!

車を購入するなら、少しでも安全な車を選びたいということは誰もが意識をすることでしょう。万が一事故を起こしてしまった際も、安全性が高ければ怪我や死亡リスクを下げられます。

今回はそんな安全な車を選んでいただくために役立つ情報を解説していきます。

安全性が高い車の基準と選び方や、国産車・外国車それぞれのボディー別に分けた、安全性が高い車ランキングをお伝えしていくので、安全な車選びにぜひご活用ください。

目次

安全性の高いのはどんな車?基準は?

安全が高い車とはいったいどんな車なのでしょうか。

単純な強度も判断基準の1つですが、それ以外にもチェックすべきなのは「安全対策がされている車種かどうか」という点です。車の安全対策には、大きく分けて次の2つの考え方があります。

  • パッシブセーフティ(衝突安全)
  • アクティブセーフティ(予防安全)

2つの考え方について、具体的にお伝えしていきます。

パッシブセーフティ(衝突安全)

まずパッシブセーフティとは、事故を起こした際に運転手や相手の安全を守る衝突安全対策です。

たとえばシートベルトやエアバックなどの装置が該当します。最新のパッシブセーフティとしては、衝突の際に頭部の衝撃を緩和してくれるフロントシートや、ぶつかった衝撃を吸収してくれるボンネットなどが登場しました。

アクティブセーフティ(予防安全)

続いてアクティブセーフティについては、事故を未然に防ぐ安全対策のことです。

ABS(アンチロック・ブレーキシステム)や、横滑り防止装置(ESC)などの予防安全装置が該当します。近年では自動ブレーキも多くの車に搭載されています。

例としては、HBCという、ハイビーム・ロービームの自動調整をする機能や、DAAという運転者の疲れを検知して教えてくれる機能があげられます。

安全性において重要な2つの評価

ただ頑丈な車が安全というわけではなく、2つの安全対策を充分にしている車が「安全性の高い車」といえます。

どれだけ安全対策がされているのかを知るための基準が「衝突安全性能評価」「予防安全性能評価」という2つの評価です。

現在は独立行政法人自動車事故対策機構がおこなっている自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program:JNCAP)が、国土交通省の管轄のもと、2つの評価を発表しています。

安全性の高い車を選ぶポイント

「衝突安全性能評価」と「予防安全性能評価」はともに信頼できるデータで、直近で改正もされました。

これらの評価を基準に評価数値が高い車種を選んだり、最新の安全性能が高い車から選ぶことがポイントです。

一方で、乗ってみたら実はスイッチの位置が使いづらかったり、乗りごこちがよくなかったということもあります。購入前にはできるだけ試乗をし、実際の使用感もチェックしましょう。

  • 安全性能が高い車を選ぶ
  • 試乗をして使用感を確かめる

まとめると、上記の2点が安全性の高い車を選ぶポイントとなります。

安全性の高い車のメリット、デメリット

安全性を高めた車にはメリットが多いですが、一方でデメリットとなることもあります。

安全性の高い車のメリット

安全性の高い車に乗るメリットは、事故を起こした際の自分の怪我を防げることもありますが、特筆すべきは事故を起こした際に死亡事故につながる確率を下げられることです。

自分だけでなく相手の命を奪う確率を低くできるので、間接的には自分・家族を守ることにもつながります。

安全性の高い車のデメリット

安全性の高い車のデメリットとしては高額な費用です。安全性が高い分、それなりの購入費用がかかってきます。

安全性の高い車では軽自動車も紹介していますが、本気で安全性を追求するならば普通車やコンパクトカーが選択肢となりやすいです。

その場合は軽自動車に比べると購入費用や維持費用も高くなりますし、大きな車は運転がしづらいという方もいます。

【国産車】安全性の高い車ランキング

安全性の高い車をボディー別にランキングしました。

軽自動車

第1位 N-WGN

出典:https://www.honda.co.jp/N-WGN/

車両本体価格:1,298,000(税込)〜

ホンダN-WGNは現行の軽自動車の中で最も安全性の高い車という評価を受けました。

ASV+++賞、ファイブスター賞も受賞し、シートベルトの着用警報装置、歩行者保護性能評価についても特に高い評価を獲得。

軽自動車において、トップクラスの安全性を誇っています。

第2位 日産 デイズ

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayz.html

車両本体価格:1,327,700 円(税込)〜

歩行者保護性能評価は37点中30点以上の評価をされていて、ホンダN-WGN以上の数値を獲得しています。

乗員保護性能評価においても、軽自動車の中ではホンダに次いで高い数値と、安全性の高い軽自動車にあげられます。

第3位 ダイハツ ミラトコット

出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/

車両本体価格:1,094,500円(税込)

ミラコットも安全性の高い車の一つです。上位2車種と違いファイブスター賞こそ受賞してませんが、ASV+++賞を受賞している安全性の高い軽自動車といえます。

コンパクトカー

第1位 トヨタ プリウス

出典:https://toyota.jp/prius/

車両本体価格:2,608,000円(税込)〜

プリウスは燃費もさることながら、安全性に関しても高いパフォーマンスを維持しています。

自動的に前の車をレーダーとカメラで察知し、運転手に危険を知らせます。その後に万が一ブレーキを踏みそこねた場合でも、自動的にブリクラッシュブレーキを作動させリスクを軽減します。

第2位 トヨタ ヤリス

出典:https://toyota.jp/yaris/

車両本体価格:1,395,000円(税込)〜

特筆すべきはその自動ブレーキ性能で、交差点を右折するときの対抗車、右左折時の対向方向から来る歩行者に対して自動的にブレーキが作動するようになっています。

また、ヘルプネットも搭載しているので、大きな事故にあった際は警察や救急車を呼ぶのをオペレーターが代行してくれる機能がある点も見逃せません。

第3位 日産 ノート

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

車両本体価格:2,029,500 円(税込)〜

ノートは現在、3代目のモデルになっています。歩行者検知ブレーキの他、日産が採用している360°セーフティアシストにより周囲の安全を確保。踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱防止支援システムなども標準搭載しています。

セダン

第1位 レクサス LS

出典:https://lexus.jp/models/ls/

車両本体価格:10,730,000円(税込)〜

予防安全性能が非常に高く、自動ブレーキシステムは、ミリ波レーダー+ステレオカメラ方式という独自の方式を採用しています。車線内の停車と救命要請を自動で行うドライバー異常時停車支援システムも搭載している他、有している安全機能はトップクラスです。

第2位 トヨタ クラウン

出典:https://toyota.jp/crown/

車両本体価格:4,899,000円(税込)〜

トヨタクラウンも安全性能が高いセダンです。トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」で、昼の歩行者に対しても自動ブレーキが働きます。

第3位 スカイライン ハイブリッド

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline.html

車両本体価格:4,353,800円(税込)〜

スカイラインハイブリッドには、ガソリン車とハイブリッド車の2車種あります。特に安全性が高いのはハイブリッド車です。安全運転支援システムやタイヤ空気圧警報システムを標準搭載。360℃確認もでき、インテリジェントアラウンドビューモニターも搭載しています。

ミニバン

第1位 トヨタ アルファード

出典:https://toyota.jp/alphard/

車両本体価格:3,597,000円(税込)〜

自動ブレーキは、昼夜の歩行者と自転車を検知ができる最新タイプを搭載してます。「トヨタセーフティセンス」が標準装備され、ミニバンの中でトップの安全性能を誇っています。

第2位 トヨタ グランエース

出典:https://toyota.jp/granace/

車両本体価格:6,200,000円(税込)〜

予防安全性も高い車種ですが、衝突安全性能も高くなっています。運転席ニーエアバッグやーテンシールドエアバッグも搭載しているので、万一の際の安全性を確保できます。

第3位 日産 セレナ

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

車両本体価格:2,576,200円(税込)〜

同一車線自動運転技術のプロパイロットが搭載されています。運転者が任意に設定した車速を上限とし、車間距離を安全な距離に保ちます。

SUV

第1位 マツダ CX-30

出典:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

車両本体価格:2,392,500 (税込)〜

多くの予防安全装備を標準装備している車種です。高度な自動ブレーキで、昼夜の歩行者・自動車を検知。アクセルとブレーキを万一踏み間違えた際にも、誤発進抑制制御が抑制します。

第2位 トヨタ RAV4

出典:https://toyota.jp/rav4/

車両本体価格:2,743,000円(税込)〜

予防安全装備は非常に高い水準にあり、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞している車です。自動ブレーキなどの機能を多く搭載した「トヨタセーフティセンス」を標準搭載しています。

第3位 ホンダ CR-V

出典:https://www.honda.co.jp/CR-V/

車両本体価格:3,361,600円(税込)〜

ホンダの「ホンダセンシング」という予防安全装備パッケージを全車標準装備しています。合計9つの機能で、搭乗者の安全を守ります。

【外車】安全性の高い車ランキング

コンパクトカー

第1位 プジョー 208

出典:https://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/new-208.html

車両本体価格:2,539,000円(税込)〜

外車にはコンパクトカーは数多くありますが、その中でも安全性の高い車です。

ドライバーズアシスト装備も採用しています。内蔵のレーザーセンサーは、障害物を検知し、自動ブレーキを作動させ安全性を確保します。

第2位 フィアット 500

出典:https://www.fiat-auto.co.jp/500/

車両本体価格:2,000,000円(税込)〜

剛性が高いボディは、安定感抜群です。エアバックも合計7つ搭載して、衝突の際の保護もできます。

第3位 フォルクスワーゲン UP!

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up.html

車両本体価格:1,540,000円(税込)〜
※新車は2012年10月1日発売~2020年9月販売終了

フォルクスワーゲンも安全装備が充実した車です。シティエマージェンシーブレーキやオプティカルパーキングシステムなど多くの装備を搭載しています。

セダン

第1位 VOLVO(ボルボ)S60

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/s60

車両本体価格:4,990,000円(税込)〜

安全性が高いことで認知されているのがボルボで、セダンの中でもS60は室内環境や安全技術などを駆使しているうえ、ドライブの際の運転性能も評価が高いです。

第2位 Audi(アウディ) A4

出典:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4.html

車両本体価格:5,380,000円(税込)〜

「アダプティブ クルーズ コントロール」の性能が非常に評価されています。

前を走る車との車間距離や、自動停止・発進まで幅広いシーンでこの機能が活用されながら、時速65キロまでで作動する「トラフィックジャム アシスト」がドライバーの披露が少ないように運転アシストしてくれます。

第3位 TESLA(テスラ)モデルS

出典:https://www.tesla.com/ja_jp/models

車両本体価格:10,699,000円(税込)〜

オートパイロット機能を搭載しているタイプのセダンです。ブレーキ性能や運転性能も高く、2021年も注目されるセダンの一つとなるでしょう。

ミニバン

第1位 メルセデスベンツ・V-Class

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/explore.html

車両本体価格:7,890,000(税込)〜

全体的に安全性が非常に高い性能を備えていますが、特に後部座席シートはまるでバスのような良質な作りになっています。後方からの不意の衝突に備えている、ドイツの安全思想を取り入れた車種です。

第2位 フォルクスワーゲン・シャラン

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/sharan.html

車両本体価格:4,259,000円(税込)〜

車間距離を維持するための安全装備であるアダプティブクルーズコントロール、ドライバーのハンドエリングを補助するレーンキープアシストなどを搭載した安全性の高い外車です。快適性と使い勝手の良さを両立させています。

第3位 シトロエン グランドC4スペースツアラー

出典:https://www.citroen.jp/car/grand-c4-spacetourer/

車両本体価格:4,250,000円(税込)〜

家族でも安心の充実な性能を備えているミニバンです。アクティブクルーズコントロール、ドライバーアテンションアラートなど充実の機能を備えています。

SUV

第1位 ボルボ XC40

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc40

車両本体価格:4,090,000円(税込)〜

衝突を軽減するブレーキ機能や、バックの際に危険を察知して自動ブレーキを作動させる機能なども備えています。運転支援の機能も充実しています。

第2位 ミニ クロスオーバー

出典:https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-crossover-new.html

車両本体価格:3,950,000円(税込)〜

基本の安全装備はブレーキ、クルーズコントロールなど標準搭載。欧州の衝突テストで5スターを獲得しており、安全なドライブを実現できます。

第3位 レンジローバー イヴォーク

出典:https://www.landrover.co.jp/vehicles/range-rover-evoque/index.html

車両本体価格:4,950,000円(税込)〜

標準な機能もそうですが、視野の広さが売りの車種です。中でも360°サラウンドカメラの一つの機能であるクリアサイトグラウンドビューなどの運転サポートシステムを搭載しているため、予防性能が高いです。

安全性の高い車にお得に乗るならカーリースがおすすめ!

安全性の高い車は、やはりそうでない車と比べて購入費用は高くなります。

車種によっては300万円を超える高額なものもありますが、今回ご紹介をしたような安全性の高い車に乗るためにおすすめをしたいのがカーリースです。カーリースを利用することによるメリットは3つあります。

  • 定額制なので頭金がない
  • 車種やグレードも新車同様好みで選べる
  • 自動車税や自賠責保険、車検などがすべてコミコミ価格

カーリースは購入はしないので所有物にならないと思われがちですが、要件によっては期間満了後自分でもらうことのできる場合もあります。

新車でかつ安全性の高い車でカーライフを過ごしたいなら、カーリースを利用するという選択もおすすめです。

まとめ

安全性の高い車とは、安全装備が充実した車や、安全性の評価が高い車を示します。

国産車・外国産の安全な車をご紹介させていただきましたが、安全性が高い車は傾向として高額な車が多いです。そのデメリットを解消するためには、カーリースの活用がおすすめです。

万一の事故の際にも安心なカーライフを送るためには、安全な車は欠かせません。カーリースも活用し、満足のいくカーライフを送りましょう。