ミライースの燃費性能は?実燃費やオーナーの口コミから徹底解説!

ミライースの燃費性能は?実燃費やオーナーの口コミから徹底解説!

第3のエコカーとして2011年から販売が開始されたダイハツ「ミライース」は、老若男女を問わず幅広い世代から支持される人気車種の一つです。

今回は、そんなミライースの燃費性能はどのくらいなのか?カタログ燃費や実燃費、オーナーからの口コミなどを徹底的に解説していきます。

ミライースってどんな車?

ミライースは、ダイハツが生産・販売している軽自動車の1つです。

2011年に初代モデル、2017年に最新モデルとなる2代目が販売されましたが、すでに初代モデルの販売は終了しています。

現在は販売している2代目は、初代からフルモデルチェンジされており、そのキャッチフレーズは「新・みんなのエコカー」。購入しやすい価格設定や低燃費、近未来的なデザインが特徴の車です。

また、ミライースにはこの車の名前にもなっている「e:s(イース)テクノロジー」が採用されています。これにより、軽自動車かつ低燃費でありながら、加速の良さ、力強い走りをしてくれることも魅力の1つとも言えます。

新技術を用いた2代目ミライースは、なんと発売から1ヶ月で月間販売目標9,000台の2倍を上回る、約20,000台の受注を達成するなどの人気です。

ミライースの乗り心地は?

ここではエンジン性能や走行性能、乗り心地などの気になる項目別にオーナーからの口コミをまとめました。

エンジン

  • 「エンジン音がうるさいとの書き込みもありますが、私自身は問題ないレベルだと思います。」
  • 「出だしから70㎞/hぐらいまでは軽快に速度を上げていきます。」
  • 「大人が3人乗ってもきちんと走ることが出来るので普段使いには問題ないでしょう。」

走行性能

  • 「小回りが効き操作性はよい。」
  • 「ビックリ。高速も安定。高速カーブも緊張せず安定してクリアしてくれます。」
  • 「車重が軽いためか発進加速はいい。だけど登りには弱いですね。それと、小回りが効くので取り回しが楽。」

内装

  • 「オーディオがタッチパネル方式で、軽だけど高級感があります。」
  • 「コンパクトな外観からと比較して室内は広く、車高が低い割には頭上高も十分で、私は身長170センチの普通体型ですが、窮屈感は全くありません。」
  • 「シンプルで造形が良いので安っぽさとは無縁です。」

 ※引用元:価格.com

ミライースには価格・性能面から満足している傾向に!

乗り心地に関するオーナーの傾向を見ると、「値段相応」に満足をされている方が大半を占めている印象がありました。

ミライースは、普段の買い物や通勤など、街乗りを想定して設計されているため、ゴテゴテした内装や力強い走行性能など、コンセプトから外れる仕様は実装されていません。

普通車やターボ付き軽自動車などに乗り慣れている人からすると、多少の物足りなさは感じてしまうこともあるかもしれませんが、低価格で提供するために不要な機能を削っているミライースは100万円以下から購入することができます。

そんな低価格な車でありながらも、小回りの操作性や安定性に優れていることがオーナーの満足度にも繋がっているようです。

旧型vs新型ミライースの燃費性能を比較

旧型からフルモデルチェンジを経た新型ミライースですが、燃費性能はどのように進化をしたのでしょうか。公式カタログの情報をもとに比較をしてみました。

実際の走行に近い環境で、1ℓの燃料でどれだけ走るのかを測定する日本独自の測定方法「JC08モード」に基づく、新旧ミライースの燃費は以下の通りです。

FFモデル

新旧 車種 カタログ燃費
(JC08モード)
旧型 X”SA”/X L”SA”/L/G”SA”/D/特仕X”リミテッドSA” 35.2km/L
新型 G “SA III”/X “SA III”/特仕 G “リミテッドSA III”/X “リミテッドSA III” 34.2km/L
新型 L “SA III”/L/B “SA III”/B 35.2km/L

4WDモデル

新旧 車種 カタログ燃費
(JC08モード)
旧型 Xf “SA”/Xf/Lf “SA”/L f Gf “SA”/特仕 Xf “リミテッドSA” 32.2km/L
新型 G “SA III”/X “SA III”/L “SA III”/L/ B “SA III”/ B/特仕 G “リミテッドSA III”/X “リミテッドSA III” 32.2km/L

カタログ燃費では、一部の新型FFモデルが旧型と比べて少し燃費性能が劣るようですが、全体的にほとんどその差はないといえる数値でしょう。4WD車については、新旧モデルともカタログ上の燃費性能は同様の数値となりました。

このことから新型ミラーイースは旧型のモデルともカタログ燃費上はほとんど変わらない仕様であることがわかります。

ミライースの燃費をアップさせるポイント

ミライースは、停止と発進の多い市街地での走行に特化された街乗り向けの車ですので、走り出す際の加速性はそこまで想定されておらず、他の車と比べても明らかな差があります。

そのため、発進時にアクセルを踏み込みすぎてしまうと、その分余計な燃料を消費してしまいます。ミライースは街乗りを安全に楽しむ車であることを理解した上で、適切なアクセルワークで燃費の向上にも努めましょう。

ミライースのカタログ燃費を紹介

ダイハツの公式ホームページでは、ミライースのカタログ燃費が公開されています。

下記の表で、カタログ燃費や年間のガソリン代の目安もまとめましたので、実際にミライースに乗った自分をイメージしてみてください。

グレード カタログ燃費
(JC08モード)
年間ガソリン代
特別仕様車 G“リミテッド SA Ⅲ”
2WD 34.2km/L 約42,000円
4WD 32.2km/L 約45,000円
G “SA Ⅲ”
2WD 34.2km/L 約42,000円
4WD 32.2km/L 約45,000円
特別仕様車 X“リミテッド SA Ⅲ”
2WD 34.2km/L 約42,000円
4WD 32.2km/L 約45,000円
X “SA Ⅲ”
2WD 34.2km/L 約42,000円
4WD 32.2km/L 約45,000円
L “SA Ⅲ”
2WD 35.2km/L 約41,000円
4WD 32.2km/L 約45,000円
L
2WD 35.2km/L 約41,000円
4WD 32.2km/L 約45,000円
B “SA Ⅲ”
2WD 35.2km/L 約41,000円
4WD 32.2km/L 約45,000円
B
2WD 35.2km/L 約41,000円
4WD 32.2km/L 約45,000円

※参考:ダイハツ公式サイト

※ガソリン代算出における年間見込走行距離は「10,000km」

※2021年5月現在の全国平均ガソリン代144円を採用(1円未満切捨)

ミライースの実燃費例を紹介

前述でも説明したように、カタログに記載されている燃費は、JC08モードやWLTCモードといった測定方法に基づいていること、使用環境の影響を受けることから、実際の燃費とは異なります。

車種ごとの燃費を調査・公開している「e燃費」によると実燃費は以下の通りです。

グレード カタログ燃費
(JC08モード)
実燃費
特別仕様車 G“リミテッド SA Ⅲ”

2WD 34.2km/L 24.25km/L
4WD 32.2km/L 20.97km/L
G “SA Ⅲ”

2WD 34.2km/L 24.25km/L
4WD 32.2km/L 20.97km/L
特別仕様車 X“リミテッド SA Ⅲ”

2WD 34.2km/L 24.25km/L
4WD 32.2km/L 20.97km/L
X “SA Ⅲ”

2WD 34.2km/L 24.25km/L
4WD 32.2km/L 20.97km/L
L “SA Ⅲ”

2WD 35.2km/L 24.25km/L
4WD 32.2km/L 20.97km/L
L

2WD 35.2km/L 24.25km/L
4WD 32.2km/L 20.97km/L
B “SA Ⅲ”

2WD 35.2km/L 24.25km/L
4WD 32.2km/L 20.97km/L
B

2WD 35.2km/L 24.25km/L
4WD 32.2km/L 20.97km/L

e燃費では燃費ランキングも公開しておりますが、ミライースは全車種中10位にランクインをしております。

街乗り向けに特化したミライースですが、非常に優れた燃費性能であることから長距離移動が必要になった場合でも高いコストパフォーマンスを発揮してくれることでしょう。

ミライースの燃費に関する口コミ&評判まとめ

ミライースのカタログ燃費や実燃費を紹介していきましたが、やはり重視すべきは実際に乗っているオーナーからの評判です。ここではミライースに実際に乗っているオーナーの口コミを紹介していきます。

ミライースの燃費に関する良い口コミ&評判

まずは良い評判からご紹介をします。実際のオーナーの声は下記の通りです。

・「燃費、走行性、操作性、メーターデザイン、価格、良いところ挙げたらキリがありません。街乗りでは22、高速では30km/Lを超えます。」

・「コペンからの乗換えで燃費が約半分になりました。年間7万円、10年で70万円の節約が目標です。 」

・「 子どもと2人で出掛ける分には十分な広さです。常に車に子ども用の荷物積んでいますが、広さは十分に確保できます。後部座席で着替えたり、遊んだり、オムツ替えも安全に出来ます。」

・「コンパクトで小回りもきくので道に迷った時にはすぐUターンもできて助かっています!」

引用:カーセンサー

低価格で優れた燃費性能な車

良い評判の大半はやはり燃費性能で、停止・発進が多くなる市街地走行でも多くのオーナーは平均して20〜24km/Lを記録しているようです。

燃費性能が高く車体価格も安いので、車にお金をかけたくない人、普段の買い物や通勤として利用する人にも最適な車でしょう。

ミライースの燃費に関するイマイチな口コミ&評判

  • 「この車、積載を考えて設計してないのでここは低評価。必要最低限しか積めません。リヤシート倒せば大きい物も積めます。運転席回りの小物入れが少なすぎです(笑)」
  • 「静粛性・振動はやはり軽というレベルですが気になりません。足が少し硬いのか、大きな段差を乗り越えるときに突き上げが少し気になります。」
  • 「リアシートが頭が当たりそうなくらい低い」
  • 「発進直後はアクセルを思い切り踏まないと加速しない。軽だからというよりは、CVTの制御が良くない気がする。(誤発進対策?)」

引用:みんカラ

あくまでも街乗りに特化したシンプルデザイン

ミライースは価格と性能を両立させることや日常の買い物や通勤などの街乗りがコンセプトであるため、内装はいたってシンプルです。

インストルメントパネルもボタンが少なく、一目でわかるようになっているため、車に慣れていない人でも安心して使いこなせるでしょう。

収納スペースはそこまで確保されていないため、レジャーなどの際には1〜2人で乗車して、2列目以降は荷物置きにするような使い方が良いでしょう。

ミライースにお得に乗るならカーリースがおすすめ!

「ミライースに乗ってみたいけど予算の確保できない」という方におすすめしたいのが、月額料金を払うだけで新車のミライースに乗ることができるカーリースです。

月額料金には、車購入の頭金やボーナス払いはもちろん、自動車税や車検料なども含まれているプランも多く、毎月一定額を払うだけで利用ができます。

下記では、大手のカーリース3社の料金などをまとめましたので、ぜひあわせてご確認をください。

企業名 リース期間 プラン名 月額料金
(税込)
定額カルモくん

11年 シンプルプラン(車グレード:L) 13,140円〜
おすすめプラン(車グレード:L) 18,205円〜
よくばりプラン(車グレード:G SA Ⅲ) 22,973円〜
コスモmyカーリース

7年 車グレード:B、頭金・ボーナス払い無、メンテ無など最安になるよう見積り 16,720円〜
もろコミカーコンカーリース

9年 車グレード:B、頭金・ボーナス払い無、メンテ無など最安になるよう見積り 15,290円〜

料金は基本的にはリース期間が長くなるほど安くなり、プラン内容やボーナス払いの有無によっても月額料金は大きく異なるので、ご自身にあったプランを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、ミライースの燃費性能について、カタログや実燃費、オーナーの口コミなどから徹底的に解説しました。

最近はハイブリッド車など、優れた燃費性能がスタンダードな時代になっている中で、ミライースはトップクラスに位置付けられております。

購入後の維持費にも大きく影響をする燃費は、車選びでも拘りたいポイントの一つです。ミライースを購入する予算がないという方でも、カーリースを利用すれば月額1万円台から新車に乗り始めることができます。

ミライースに興味をお持ちの方はカーリースの利用もぜひ検討をしてみてください。