【国産車・外車】車高の高い車のボディタイプ別のおすすめランキング

【国産車・外車】車高の高い車のボディタイプ別のおすすめランキング

車には様々な種類がありますが、車を一目見たときの印象として、「この車は車高が高い」「車高の低い車だ」といった感想を持つことが多いのではないでしょうか。車高の高い車を考えてみると、オフロードを走る車やトラック・バスなどをイメージしやすいでしょう。

今回は、車高の高い車について、ボディタイプ別に国産車・外車のおすすめランキングをご紹介します。車高の高い車を選ぶポイントやメリット・デメリットもご紹介しますので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。

目次

車高の高い車はどんな車?基準は?

車高の高い車といっても、見た目の印象だけではどの車が車高が高いのか判断することができません。ひとつの基準としては、機械式駐車場の高さ制限が1,550mm未満となっており、1,550mm以上の車高を持つ車は、車高の高い車といえるでしょう。

車高の高い車には、SUVやミニバンが多い傾向があります。SUVは走行性能を高めるためにタイヤを大きくしているので、その分車高が高いです。ミニバンは居住性を高めるために、ドライバーや同乗者が過ごしやすいよう車高を高くして車内空間を確保しています。

車高の高い車を選ぶポイント

車高の高い車を選ぶポイントは、以下の3つです。

  • 室内空間の広さ
  • 荷室の広さ・使い勝手
  • 走行性能

車高が高いことを前提に、そのほかの機能性や走行性能をチェックしましょう。ドライバーや同乗者が快適に過ごせる広さがあるか、荷室の容量はどのくらいか、使い勝手の良い室内収納が揃っているかなどが主なチェックポイントです。

また、走行性能にもこだわって車高の高い車同士を比較しましょう。車種ごとにオフロードでの走破性能や加速力、パワー、静音性など走行性能が異なります。走りたいフィールドや重視したい部分に注目して車種を選びましょう。

車高の高い車のメリット、デメリット

車高の高い車と低い車がありますが、車高が高いとどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。メリットとデメリットをそれぞれチェックして、車高の高い車の検討に役立ててみてください。

車高の高い車のメリット

車高の高い車のメリットは、以下の3つです。

  • 室内空間が広く設計されている
  • 荷室が広い
  • 運転時の視界が良い

車高の高い車は上下方向に室内空間を広げていることが多く、居住空間を広く設計しています。居住空間が広いだけでなく、荷室を広くとっている車種もあり、より多くの荷物を積むことが可能です。

また、車高が高いことによって、運転時の目線も高くなります。視界が広く確保されているので、遠くまで視認することができ、歩行者や障害物などに気づきやすいのがメリットです。

車高の高い車のデメリット

車高の高い車のデメリットは、以下の3つです。

  • 車の近くが死角になりやすい
  • 風の影響を受けやすい
  • 駐車場の高さ制限に当てはまることがある

遠くまで視認しやすい反面、車高が高い分車の周囲や低い位置が死角になりやすいです。安全性能が充実した車種も増えていますが、ドライバーも十分に注意して運転する必要があります。

また、車高が高いことによって、風の影響を受けやすいのが気になるポイントです。風に車が煽られたり、走りがブレて燃費が悪化したりする可能性があります。

車高の高さを判断する基準として、機械式駐車場を例に挙げましたが、利用できない駐車場があるのも難点です。いざ街中で駐車が必要になったときに利用できないと困ることもあるでしょう。車高の高い車に対応した駐車場も増えてきていますが、事前に利用できる駐車場をチェックしておく必要があります。

【国産車】車高の高い車ランキング

ここでは、国産車の中で車高の高い車をボディタイプ別にランキングでご紹介します。車種それぞれの特徴を参考にして、自分に合った国産車を選んでみましょう。

軽自動車ランキング

第1位 スズキ ハスラー

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

スズキ ハスラーは、「遊べる軽」というキャッチフレーズが印象的な車種です。箱型のフォルムに豊富なカラーバリエーションを用意し、アクティブでおしゃれなエクステリアを楽しむことができます。遊び心は内装に散りばめられており、シートやパネルにアクセントを加えた空間が気分を上げてくれるでしょう。

第2位 スズキ ジムニー

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

スズキ ジムニーは、重厚感のあるアウトドアな見た目が魅力の車種です。パワフルな印象だけでなく、多彩なカラーバリエーションによってポップな印象も加えることができます。ジムニーの歴史を継承しつつ新しい技術を取り入れることで、あらゆるコンディションでも走り切る走破性能や安定感を備えているのが特徴です。

第3位 ダイハツ タフト

出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

ダイハツ タフトは、スクエアなフォルムの小型SUVで、大自然でも街中でも映えるデザインに仕上がっています。視界が広く取られた開放的な前席、フレキシブルな収納ができる後席を持ち、ドライブを楽しくする工夫が詰まっている車種です。走行性能も磨き上げ、乗り心地や操縦安定性などを備え、安定感のある走行を実現しています。

コンパクトカーランキング

第1位 ホンダ フィット

出典:https://www.honda.co.jp/Fit/

ホンダ フィットは、4つの心地よさを実現した人気のコンパクトカーです。

心地よい視界・座り心地・乗り心地・使い心地の4つを兼ね備え、暮らしやドライブの質を高めてくれます。5つのタイプが用意されているので、自分に合ったスタイリングを選べるのも嬉しいポイントです。

第2位 スズキ ジムニーシエラ

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

スズキ ジムニーシエラは、軽自動車のジムニーのフォルムを生かして、乗用車として開発された車種です。

ジムニーならではのフレーム構造といった伝統を受け継ぎつつ、FRレイアウトやサスペンション、エンジンなどの新しいメカニズムを取り入れ、走破性能に磨きをかけています。

第3位 スズキ ソリオバンディット

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

スズキ ソリオバンディットは、存在感のあるフロントグリルやフォルムなどにこだわり、独創的なデザインが目を惹くコンパクトカーです。

見た目のインパクトだけでなく、室内空間にも余念がなく、充実した快適装備や静音性などによって、心地よいドライブに連れていってくれます。

ミニバンランキング

第1位 三菱 デリカD:5

出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

三菱 デリカD:5は、ダイナミックなエクステリアデザインが印象的なミニバンです。

見た目だけでなく、走りもダイナミックであり、ミニバンとは思えない走行性能で様々な場所へと力強く導いてくれます。使いやすい快適装備や機能的で美しい室内なども備え、見た目も中身も走りも優れたミニバンといえるでしょう。

第2位 トヨタ アルファード

出典:https://toyota.jp/alphard/

トヨタ アルファードは、フロントマスクが存在感を放つ迫力あるエクステリアが特徴です。

高級感ある見た目と合わせて、室内空間も上質さにこだわっており、シートの質やデザインなどがラグジュアリーなひと時を演出します。乗り降りのしやすさや多彩な快適装備など、高級車だからこその配慮が随所に見られます。

第3位 トヨタ ヴェルファイア

出典:https://toyota.jp/vellfire/

トヨタ ヴェルファイアは、アルファードの姉妹車種として販売しているミニバン車種です。

ラグジュアリーな室内空間や多彩な装備をそのままに、外装はダイナミックさにクールな印象をプラスしています。アルファードとは違ったデザインに個性があり、好みに合わせて選ぶことが可能です。

SUVランキング

第1位 マツダ CX-5

出典:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

マツダ CX-5は、大人の風格を感じさせるスタイリッシュで洗練されたデザインが特徴的なクロスオーバーSUVです。

クリーンディーゼルをはじめとした多彩なエンジンを設定しており、用途に合わせたエンジンで街乗りや高速道路、オフロードまで快適に走ることができます。人間工学に基づいたシート設計や多彩なシートアレンジ、十分な容量があるラゲッジルームなど、居心地や使い勝手などにも優れています。

第2位 スバル フォレスター

出典:https://www.subaru.jp/forester/forester/

スバル フォレスターは、ダイナミックなフォルムに遊び心のあるデザインを加え、アクティブさを際立たせたSUVです。

機能的なデザインを内装にも取り入れ、見た目が気分を上げ、使い心地の良さがドライブの質を高めてくれます。スバル独自の運転支援システム「アイサイト」も備え、安全性も抜群です。

第3位 トヨタ ランドクルーザー

出典:https://toyota.jp/landcruiser/

トヨタ ランドクルーザーは、風格漂う存在感あるスタイリングが特徴の車種です。

見た目の印象に負けることなく走りもパワフルで、あらゆる道を力強く走り切ることができます。人や荷物を考えた室内空間や機能的な快適装備も備え、乗り心地のよさを追及していることも特徴です。

【外車】車高の高い車ランキング

国産車に続けて、外車の車高の高い車ランキングを見ていきましょう。コンパクトカー、ミニバン、SUVのランキングをご紹介します。

コンパクトカーランキング

第1位 フォルクスワーゲン ポロ

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html

フォルクスワーゲン ポロは、コンパクトでシンプルなデザインが人気の車種です。

見た目はコンパクトですが、車内スペースの広さにこだわり、ホイールベースを拡大してゆとりある居住空間を実現しています。採用した軽量かつ高剛性なプラットフォームによって、ふらつきを抑えた安定感のある走りを楽しめるのも魅力です。

第2位 シトロエン C3

出典:https://www.citroen.jp/car/new-c3

シトロエン C3は、ユニークなデザインが人気を集めるコンパクトカーです。

LEDライトが存在感を示すダイナミックなフロントフェイスやタイヤホイールのデザインなどに個性があり、持っているだけでも満たされるエクステリアになっています。ボディカラーのバリエーションも多く、自分好みのカラーを選べるのも魅力です。

第3位 アルファロメオ ジュリエッタ

出典:https://www.alfaromeo-jp.com/giulietta/

アルファロメオ ジュリエッタは、人間工学に基づいて作られたイタリアンスタイルのコンパクトカーです。

フォルム、機能、美しさを調和させ、見た目も内装も美しい車種に仕上がっています。パワフルな走行性能に加え、燃費性能・環境性能にもこだわり、ドライバーにも環境にもエコな走りが可能です。

ミニバンランキング

第1位 BMW 218i グランツアラー

出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2020/bmw-2-series-gran-tourer-highlights.html

BMW 218i グランツアラーは、広々とした室内空間と荷室を兼ね備えたミニバンです。

街中で映えるスタイリッシュなデザインながら、BMWツインパワーターボエンジンによってスポーティーで力強いドライブパフォーマンスを発揮します。収納オプションやシートアレンジが充実しており、シーンに合わせたアレンジが可能です。

第2位 フォルクスワーゲン シャラン

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/sharan.html

フォルクスワーゲン シャランは、趣味や遊びを満喫する人に向けて作られた使い勝手の良い車種です。

全席独立型の3列シートや多彩なシートアレンジなどによって、ドライバーや同乗者を快適にし、荷物を十分に積み込むことができます。クリーンディーゼルエンジンもラインナップし、力強い走りを楽しむことも可能です。

第3位 フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golftouran.html

フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランは、スタイリッシュさが際立つコンパクトミニバンです。

大きな荷物を載せられる積載性や質の高い走りを実現するエンジンラインナップ、安全性などを備え、家族や友人とのドライブを安全に快適にしてくれます。

SUVランキング

第1位 MINI クロスオーバー

出典:https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-crossover-new.html

MINI クロスオーバーは、MINIらしいキュートでおしゃれなデザインをそのままに、パワフルな走行性能を加えたSUVです。

力強いエンジンと4WDシステムによって、街乗りでも山道でも思い通りの走りを楽しむことができます。ラゲージスペースは1390Lを確保しており、レジャーやアウトドアで荷物をしっかり積めるのも魅力です。

第2位 ボルボ XC60

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60

ボルボ XC60は、日本と世界でカーオブザイヤーを受賞したことがあるSUVです。

洗練されたエクステリアと端正なインテリアを持ちながらも、走行性能や機能性も両立しています。ゆとりのあるパワフルな走りは、燃料消費やCO₂排出量を抑えているので、エコにも配慮されているのが特徴です。

第3位 フォード エクスプローラー

出典:https://fordexplorer.jp/

フォード エクスプローラーは、ダイナミックなデザインの中にも気品を感じるエクステリアが魅力のSUVです。

ボディカラーが多彩で、自分好みのカラーが冒険心を掻き立ててくれます。ハイパワーエンジンを搭載しており、街乗りはもちろん、アドベンチャーな路面でも難なく走り切れる性能が特筆すべきポイントです。

車高の高い車にお得に乗るならカーリース

車高の高い車が気になっているものの、購入費用や維持費用が気になっている方が多いのではないでしょうか。

そのような場合には、カーリースの利用がおすすめです。カーリースは月額定額料金で車を利用できるサービスで、料金には車検料や税金、保険料なども含まれています。

わかりやすい費用でお得に利用できるだけでなく、突発的な出費が起きることも少ないです。メンテナンスが含まれているカーリースもあり、維持の手間を減らすこともできます。購入と合わせて、カーリースで車高の高い車の利用を検討してみましょう。

まとめ

今回は、車高の高い車について詳しく解説しました。

車高の高い車には、室内空間や荷室が広い、視界が良いといったメリットがある一方で、車の近くや低い位置が死角になりやすい、駐車場が使えないことがあるといったデメリットもあります。

車種を選ぶ際は、車高の高さだけでなく、室内空間や荷室、走行性能なども幅広くチェックしましょう。カーリースも選択肢に入れて、車高の高い車の購入・利用を検討してみてください。