トヨタ ルーミーの人気の理由は?色・グレード・性能から徹底解説

トヨタ ルーミーの人気の理由は?色・グレード・性能から徹底解説

トヨタ自動車が販売するトールワゴン「ルーミー」。車体製造はダイハツが行っているOEMモデルで、トヨタ タンクの兄弟車として販売されています。

コンパクトな見た目ながら、広々とした車内空間やスムーズな走行性能などを備えているため、使い勝手の良い人気車種です。

今回はトヨタ ルーミーの特徴やラインナップをご紹介しながら、ルーミーの魅力をお伝えしていこうと思います。

トヨタ ルーミーとは

ルーミーは、他社製品に自社ブランドをつけるOEMモデルとして、2016年に販売が始まりました。ルーミーの元は、ダイハツの「トール」であり、トヨタの「タンク」やSUBARUの「ジャスティ」も同じOEMモデルで兄弟・姉妹車として知られています。

ルーミーという名前は、「広々とした」という意味を持つ英語である「roomy」が由来です。名前通りの広々とした車内空間が魅力で、「1LD-CAR」というコンセプトがあります。LivingとDrivingを組み合わせた造語で、広々とした空間を持ちながらも快適な走りを兼ね備えています。

ルーミーはトヨタ自動車の人気車種であり、その人気は登録台数の多さからわかります。一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が2019年に発表した「乗用車ブランド通称名別順位」では、ほとんど毎月トップ10以内にランクインをしています。

トヨタ ルーミーの特徴

トヨタ ルーミーは、「1LD-CAR」というコンセプトの元に使い勝手や走りやすさを体現しています。他にもさまざまな特徴があり、多くのユーザーの評価を集めています。トヨタ ルーミーの特徴をご紹介していきます。

14色から選べる豊富なカラーバリエーション

トヨタ ルーミーには、単色とツートーン計14色のボディカラーのバリエーションがあります。カラーバリエーションはモノトーン9色、ツートーン5色です。

モノトーン ・ブリリアントカッパークリスタルマイカ
・レーザーブルークリスタルシャイン
・マゼンタマイカメタリック
・ファイヤークォーツレッドメタリック
・ファインブルーマイカメタリック
・ブラムブラウンクリスタルマイカ
・ブラックマイカメタリック
・ブライトシルバーメタリック
・パールホワイトⅢ
ツートーン ・ブラックマイカメタリック×ブリリアントカッパークリスタルマイカ
・ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン
・ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック
・ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック
・ブラックマイカメタリック×パールホワイト

モノトーンでも光沢のあるレッドやブルー、ブラウンなどがそろっていて、街中で映えるでしょう。ツートーンは、ボディ上半分がブラックで、下半分をレッドやホワイトなどに変えられます。

好みの単色や組み合わせを選べるので、色にこだわって車を選びたい方におすすめです。またカラーバリエーションによって、老若男女で楽しめる車種となっています。

コンパクトながら広々した車内空間


画像出典:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーはコンパクトカーの1種で、見た目もスリムですが、広々とした車内空間が魅力です。全長 3,725mm・全幅 1,670mm・全高 1,735mmとなっていて、定員5人乗っても余裕のある空間が広がっています。

スライドドアに連動して光るステップランプや乗り込みやすい低めのステップ、スイッチひとつで開くパワースライドドアなど、家族3世代に配慮した設備も充実。広々とした空間と乗りやすさで、家族みんなででかけたくなる車種です。

多彩なシートアレンジでさまざまなシーンに対応


画像出典:https://toyota.jp/roomy/

多彩なシートアレンジは、さまざまなシーンに活躍します。

座席をすべて倒せば車中泊やアウトドアに、後部座席を倒せば自転車やアウトドアアイテムの収納に役立ちます。

またトランクのデッキボードは高さ調節が可能なので、高さのある荷物もラクラク積み込めます。バックドアは広さ、高さともに積み込みやすさを重視しているので、荷物の積み下ろしも快適。レジャーやアウトドア、スポーツなどに対応できる柔軟な収納力が魅力です。

収納スペースが充実

シートアレンジ以外にも、細かな収納スペースが充実しています。カップホルダーやトレイ、ポケットなど小さな収納が備わっています。

靴を入れるシートアンダートレイもついているので、車内を清潔に整理整頓したい方には嬉しい設備です。

快適でスムーズな走行性能


画像出典:https://toyota.jp/roomy/

トールワゴンは通常車種よりも高さがあり、バランスが不安定になりがち。ところが、ルーミーはトールボディとワイドスタンスを両立しています。サスペンションの剛性も活かして、ふらつかず安定した走行を実現します。

また吸遮音材を各所に配置することで、静粛性も高いです。エンジン音や走行音などをカットすることによって、家族や友人との会話を楽しんだり、音楽を聴いたりして、快適にドライブを楽しめます。

衝突回避支援システムで危険を検知


画像出典:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーは、政府が普及啓発をしているセーフティ・サポートカーの1台で、安全性能にも優れています。

衝突回避支援システムは、センサーや小型カメラによって、歩行者や先行車、障害物などの情報をキャッチします。状況に合わせて、アラートや緊急ブレーキ、ハイビーム切り替えなどによって危険を回避可能です。

予防安全機能も充実

あらかじめ危険を回避する予防安全機能にも優れています。対向車に配慮しつつ視界を確保できるLEDヘッドランプや、急ブレーキ時のランプなど、危険を察知したり、後続車に知らせたりできます。

急なハンドル操作や横滑りに対応したVSC、ABSなどもあり、緊急時の運転も安心です。より安全な車に乗りたい方にとって心強い機能が充実しています。

トヨタ ルーミーのグレードラインナップ

トヨタ ルーミーには、

  • XS/X
  • G
  • G-T
  • カスタムG
  • カスタムG-T
  • G Cozy Edition

といった6種類のラインナップがあります。価格や装備に違いがありますので、ルーミーのグレード選びの重要なポイントになります。それぞれラインナップの違いを見ていきましょう。

グレード 価格 燃費
XS/X 1,490,500円~ 22.0~24.6km/L
G 1,716,000円~ 22.0~24.6km/L
G-T 1,837,000円 21.8km/L
カスタムG 1,870,000円~ 22.0~24.6km/L
カスタムG-T 2,002,00円 21.8km/L
G Cozy Edition 1,762,200円~ 22.0~24.6km/L

トヨタ ルーミーXS/X

画像出典:https://toyota.jp/roomy/

トヨタ ルーミーXS/Xは、グレードの中でも最も価格の安いエントリーモデルです。

Xは、衝突回避支援システムやコーナーセンサーが付いていないものの、助手席側パワースライドドアが装備されています。安全性能は諦めなければいけませんが、乗り降りしやすい車を安く手に入れられます。

一方、XSは、Xの装備に加えて、衝突回避支援システムやコーナーセンサーもしっかり装備しています。価格を抑えつつ安全性能に優れた車が欲しい方におすすめのグレードです。

トヨタ ルーミーG

画像出典:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーのGグレードからクルーズコントロールが標準装備となります。クルーズコントロールとは長距離運転などで負担を軽減してくれる便利なサポート装備です。

またXS/Xに比べて、助手席側パワースライドドアが両側パワースライドドアにグレードアップしています。子どもやおじいちゃん・おばあちゃんが一緒に乗る場合におすすめの機能が備わっています。

トヨタ ルーミーG-T

画像出典:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーG-Tは、多くの装備はGと同じですが、Gではフロントにしかなかったスタビライザーがリヤにも装備されています。より安定性を増し、快適に走行可能です。

またスピーディーな走行ができるスポーツモードスイッチも特徴で、よりスムーズなドライブを楽しめます。GとG-Tで悩んでいる方は、走行性能で比較した上で、ご自分が求める走りに近い方を選ぶと良いでしょう。

トヨタ ルーミー カスタムG/G-T

画像出典:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーG/G-Tにカスタム装備が追加されたグレードが、カスタムG/G-Tです。

主なカスタム装備は、LEDヘッドランプ・フォグランプ・リヤランプやステアリングホイール、専用シートなどがあります。G/G-Tよりもランプによる視認性を高めたい、インテリアに拘りたいという方はカスタムG/G-Tがおすすめです。

トヨタ ルーミー G Cozy Edition


画像出典:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーG Cozy Editionは、Gをベースにした特別仕様車です。

シートヒーターや撥水性のある専用シート、シートポケット・テーブルなどの快適装備が揃っています。

バックカメラやステアリングスイッチなども装備しているので、安全性能・オーディオ操作なども快適です。オプションが豊富ながらカスタムグレードよりも安いので、コスパを重視したい方に適しています。

まとめ

今回はトヨタ ルーミーの特徴・ラインナップを詳しくご紹介をさせていただきました。

ルーミーは、広々とした空間と走行性能を兼ね備えた人気車種で、多くの特徴があります。豊富なカラーバリエーションや多彩なシートアレンジ、安定した走行性能、安全装備などで快適かつ安全なドライブを実現することができます。

ラインナップは、カスタムや特別仕様車を含めて7種類あり、それぞれ価格や燃費、装備などに違いがあります。もしルーミーをご検討しているという方は、特徴と共にラインナップの違いをしっかりと理解した上で、自分に合ったルーミーを選びましょう。