本当にカーリースの料金は安いの?ローン購入と比較して違いを解説!

本当にカーリースの料金は安いの?ローン購入と比較して違いを解説!

最近は購入しなくても車を所有することができる、「カーリース」という新しい車の乗り方が注目されるようになりました。

一般的なローン購入と比べてもお手軽な価格で利用できることが魅力のカーリースですが、実際のところカーリースの料金は本当に安いのでしょうか?

そこで今回は、カーリースはローン購入と比べてどのくらいお得に利用することができるのか料金の安さに迫りたいと思います。

そもそも何故カーリースは安いのか?

カーリースの料金について見ていく前に、まずはカーリースの仕組みからご紹介します。

簡単にいうとカーリースは、カーリース企業が所有する車を利用者が月額制の料金を支払うことで使用することができる仕組みになっています。

それでは、そんなカーリースの料金は安いといえるのでしょうか。通常、まず車を所有するために必要になるのは登録費用などを始めとする頭金です。カーリースの場合は基本的に頭金を用意する必要はありません。

また、カーリースにおいては、契約終了時の車両価値を考慮した上で金額を月で割賦計算してくれるため、月額料金が比較的に安いのも特徴です。

さらに、カーリースのこの月額料金には自動車税なども含まれておりますので、初期費用を準備する必要もありません。
このようにカーリースは車の所有権はリース会社となりますが、初期費用を抑えて月額料金のみの負担でお得に乗りたい方にはおすすめのサービスとなります。

安いカーリース業者は利用しても大丈夫?

カーリースの利用を検討する時に、中には安いカーリース業者は安心して利用できるのか?ということを懸念される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、以下のカーリース特有の仕組みについて理解をすれば安さの秘密もご理解がいただけることでしょう。

残価設定

カーリース料金設定で重要となってくるのは残価設定です。

これは簡単にいうと、車の将来の下取り価格のことを指しています。カーリースの利用料金は、車両価格から残価設定価格を差し引いた後の価格を契約月数で割って毎月のリース料金を決定されています。

つまり残価設定によって予め返却時の下取り価格を差し引いているため、お手軽な料金でカーリースは利用ができるようになっています。

人件費削減と仕入れ方法

オンライン販売によって人件費を削減している所ではその分独自値引きを行っていたり、大手のカーリース会社になると大量の車を仕入れできるのでスケールメリットによってリース料金を安く設定できます。

つまり、このようにリース料金が安い業者というのは、オンライン販売や大量仕入れによるスケールメリットを活かして経営できているカーリース業者ですので、リース料金が安いからといっても心配する必要はありません。

カーリースの一般的な料金相場

カーリースの一般的な料金設定についてですが、どの業者もまとまった頭金などは必要がなく、固定の月々定額のみで利用することができます。

また、月額の料金については、リース契約の契約年数に応じて変動しますが、契約年数が長くなればなるほど安くなるという仕組みです。

例えば人気車種を挙げてみると、

  • 軽自動車(スズキ/アルト、ダイハツ/ミライースなど)は月額10,000円台〜
  • ハイトワゴン・コンパクトカー(トヨタ/タンク、ホンダ/フィットなど)は月額20,000円台〜
  • ミニバン(トヨタ/アルファード、日産/エルグランドなど)は月額30,000円台~
  • SUV(ホンダ/ヴェゼル、マツダ/CX-8など)は月額30,000円台~

から利用することができます。

これらは契約するカーリース会社によっても価格帯も変動するため、あくまで相場の目安としてご参考にしてみてください。

ローン購入とカーリースの料金を比較

ローン購入とカーリースの料金を比較してみると、どのくらいカーリースは安いのでしょうか。

ここでは、トヨタの人気車種「ハリアー」を事例として、それぞれの料金を比較しながらご紹介をしていきます。

費用項目 カーリース ※1
(クルカ)
ローン購入※2
(トヨタ公式サイト)
車体価格 2,962,900円(税別)
契約期間 ベーシックプラン 残価設定型プラン
(36回払い)
頭金 0円 100,000円
ボーナス払い
月額料金 29,800円 45,100円
税金・保険料 ※上記の月額料金に全て含まれている 158,470円
 ∟自動車税 30,000円
 ∟環境性能割 49,100円
 ∟自動車重量税 49,200円
 ∟自賠責保険料 30,170円
販売諸費用等 47,590円
リサイクル料金 12,550円

※1 ハリアー「ELEGANCE /2WD/1,986cc/5人」を「新車リース クルカ」でベーシックプランで利用した場合
※2「トヨタディーラー」で同モデルのハリアーを購入した場合

カーリースは、リース契約期間の車検費用、自賠責保険や税金などの経費も月額料金の中に含まれるので、月額のリース料金以外はかからない仕組みになっているのが特徴です。

ローン購入とカーリース(新車リース クルカ)の月額料金を比較してみたところ、カーリースの方が「△15,300円」も安いという結果になりました。それぞれ3年間(36ヶ月)利用した場合には、月額料金の差額からだけでも「△550,800円」もカーリースの方がお得に利用できることがわかります。

また、ローン購入時には頭金として今回は10万円を準備していますが、カーリースの場合は頭金の準備は不要になります。その他にも、ローン購入では税金・保険料が約15万円、販売諸費用やリサイクル料金で約6万円が必要になりますが、カーリースの場合はこれらの費用は全てリース料金に含まれているため、別途資金を準備する必要もありません。

これらを踏まえると、ローン購入とカーリースでは新車のハリアーを36ヶ月乗車した場合にはカーリースの方が月額料金が割安、頭金や諸費用がかからない、税金・保険料もリース料金に含まれているということから、総額で約86万円もカーリースが安いということがわかりました。

車の所有権はリース会社にあるので自分の車になるという訳ではありませんが、コストパフォーマンスの面からもカーリースはとても魅力的な車の所有方法といえるでしょう。

人気の安いカーリース会社を紹介

ここまでカーリースの仕組みや料金について解説させていただきましたが、今回カーリースを検討されている方のために、ここでは人気の安いカーリース会社をご紹介します。各社の特徴を理解した上で、自分に適した業者を利用しましょう。

①クルカ

まずご紹介したいのは、業界最安値の価格で新車のカーリースができる「新車リース クルカ」です。
クルカではネットで審査手続きができるため、人件費が抑えられ安くカーリースを利用できます。

他カーリース会社で1円でも安いサービスがある場合は相談してくださいと訴えるほど安さとサービスに自信があり最低保証価格を実現しています。諸費用もコミコミの定額料金で車検も不要です。

また長期間先のことを考えて車を選ぶのは難しいですが、クルカは安い価格にも関わらず最長3年以内の短期リースなので1〜2年乗ってみて他の車に乗り換えることも可能です。

車を選ぶなら絶対新車が良いという方や、この先もずっとその車を使うかは分からないけど費用は安く抑えたいという方には、断然クルカのカーリースがおすすめです。

②定額カルモくん(マイカー賃貸カルモ)

定額カルモくん(マイカー賃貸カルモ)は、最長契約期間をなかなか他の会社にはない11年に設定しています。

契約期間を長く提供することで月々の料金を安く設定し、自動車税も含めた料金でカーリースを利用できます。

また、定額カルモくんの特徴として車のメンテナンスプランを4つ提供しており、加入すればメンテナンス後にかかった費用を振り込むことが可能です。利用金額と回数には上限がありますが、車のメンテナンス面が気になる方にとっては非常に便利なカーリースサービスといえます。

③リースナブル

格安カーリース会社として「リースナブル」も人気のカーリース業者の一つです。

リースナブルも頭金や登録料は一切かからず月額料金の支払いのみで済みますし、最安プランではボーナス加算があるものの2万円からカーリースをすることができます。

さらに、金額の安さに加えて在庫があるため納車が早い点や、カーリース業界では珍しいいつでも解約できるという点は利用者にとって大きなメリットといえるでしょう。

④コスモスマートビークル

コスモスマートビーグルは、コスモ石油のカーリースサービスで、契約期間中はずっと定額料金で利用できます。

もちろん経費込みの料金ですが、コスモスマートビークルでは契約期間中コスモ石油での給油をする際に5円/L割引が適用されます。

月々のカーリース料金に加えて、上記のような給油時の割引があるのは車を利用する方にとっては嬉しいポイントです
。ただし、コスモスマートビークルには走行距離の上限があるためアウトドアやドライブで遠出をする可能性がある方は注意が必要です。

安いカーリース会社を選ぶ時のポイント

安いカーリース業者の中でも、どんな業者が良いのか選ぶポイントがあります。

まずそのポイントの一つとして、取り扱いの車種の種類は豊富なのかということです。これから使う車はどのメーカーでどんなデザインか、どのくらい走れるかという点は車選びの重要なポイントです。

中古車のみの取り扱いをしている会社では新車をリースすることはできませんし、メーカーのカーリース会社ではそのメーカーの車種しかリースできないといったデメリットもあります。

また、メンテナンスサービスなどの補償があるのかというのも重視をしたい点です。カーリースは車の所有権はリース会社にあるため、車の傷や故障をしてしまった場合の修理費用は基本的に利用者の負担になります。

そのため、メンテナンス費用も定額になっているカーリース業者だと、万が一の時の修理費の心配もなく安心して利用することができます。

安いカーリースをお探しならクルカがおすすめ!

憧れの高級車を新車で購入するというのは、多くの方にとって一つの到達点でしょう。

業者最安値価格で新車をカーリースできる「新車リース クルカ」では、一般的な乗用車だけでなくなかなか手が出せない高級車種ですらお手軽なリース料金でゲットすることができます。

頭金の用意やボーナス払いは一切なく、車検や税金といった諸費用も込みのリース費用のみですので、負担の少ない支払いで乗り回せるのも大きなメリットです。

その上、クルカの場合、他業者と比べて3年間で36000kmと走行距離が長く設定されているため、年間数万km走行されるようなアクティブなドライバーの方にもおすすめです。また、趣味が旅行やアウトドアといった長距離走行を目的としたプランも用意がされております。

新車にお得に乗れるだけでなくドライバーの目的に併せたプランで利用することができる、クルカをぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は実際のところカーリースは安いのか、ローン購入との料金も比較をしてご紹介をしました。

カーリースは基本的に頭金を用意する必要はなく、自動車税などの経費も含まれるためローン購入と比べても割安といえます。カーリースを安い料金設定で提供できる理由は、人件費を抑えたオンライン販売や大量仕入れによるスケールメリットを活かして経営しているためです。

また、ローン購入とカーリースどちらを比較してみたところ、カーリースの場合はリース期間の車検費用、自賠責保険・税金などの経費もリース料金の中に含まれるので、ローン購入に比べてカーリースの方が圧倒的に安く乗れることがわかりました。

カーリース会社を選ぶ時には料金が安いということだけでなく、取り扱い車種やメンテナンスサービスがあるかという点も含めて、しっかりと各社を比較した上でご自身の希望に合った会社を選択しましょう。