ステップワゴンは燃費が悪い?実燃費やオーナーの評判から徹底解説!

ステップワゴンは燃費が悪い?実燃費やオーナーの評判から徹底解説!

当時まだミニバンでは珍しかったFFレイアウトと低価格であることから、1996年の発売後一気に人気となったホンダのステップワゴン。

4度のフルモデルチェンジを経て現在まで5代目がリリースされていますが、ファミリー層から根強く支持され続け、2009年にはミニバン販売台数ランキング1位を達成しています。

「e:HEV」というシリーズでハイブリッド車も展開していますが、ガソリン車も2020年に排出ガスと燃料消費率に対して「平成30年排出ガス基準75%低減レベル」の認定を受けているので、燃費性能の良い車に乗り換えたいと考えている方にとってステップワゴンの実燃費や評判は気になるところだと思います。

そこで今回はホンダのステップワゴンの実際の燃費はどうなのか?カタログ燃費と実燃費の比較やオーナーからの評判などから徹底解説をしていきます。

ステップワゴンってどんな車?

ステップワゴンは「家族が楽しく、楽に移動できる車」を目指し、広々とした車内レイアウトや多彩なシートアレンジなどにこだわって開発されています。

そんなステップワゴンの一番の特徴が、横方向に後部荷室の扉(テールゲート)が開閉する「わくわくゲート」。従来の上方向だけではなく横にも開くテールゲートの採用によって、3列目シートへのアクセスや荷物の積み込みやすさが大幅に向上しており、子供のいる家族世帯から長年高い評価を得ています。

また、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能といった最新の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全グレードに搭載しています。この機能があることで万が一の事態を未然に防げるという安心感も、ステップワゴンが家族世帯からの人気を得た理由のひとつです。

ステップワゴンの乗り心地は?

ガソリンモデルは7~8人、ハイブリッドモデルは7人乗りにも関わらず小回りが良くハンドリングも軽いので、どんな方にとっても乗りやすい車種であるといえます。

アクセルを踏んだ際の加速も良く高速での合流もスムーズ、エンジン音と振動も伝わりにくいなど、運転時のストレスや疲労感が少ないように設計されています。レジャーはもちろん、毎日の通勤においても申し分ない性能を発揮する車です。

ステップワゴンのカタログ燃費をグレード別に紹介

では、ここでステップワゴンのカタログ燃費を見てみましょう。

ホンダ公式ホームページで公開されているJC08モードとWLTCモードの両方で計測した燃費と、その数値を基に算出したガソリン代を下記の表にグレード別にまとめました。

グレード カタログ燃費 ガソリン代
JC08モード WLTCモード JC08モード WLTCモード
G・Honda SENSING

FF:

15.8km/L

4WD: 

15.2km/L

FF:

13.6km/L

4WD:

13.0km/L

FF:

79,303円

4WD:

82,434円

FF:

92,132円

4WD:

82,434円

G・EX Honda SENSING
FF:

15.8km/L

4WD:

15.2km/L

FF:

13.6km/L

4WD: 

13.0km/L

FF:

79,303円

4WD:

82,434円

FF:

92,132円

4WD:

96,384円

SPADA Honda SENSING

FF:

15.8km/L

4WD:

15.4km/L

FF:

13.6km/L

4WD:

13.0km/L

FF:

79,303円

4WD:

81,363円

FF:

92,132円

4WD:

96,384円

SPADA Cool Spirit Honda SENSING

FF:

15.4km/L

4WD:

15.0km/L

FF:

13.6km/L

4WD:

13.0km/L

FF:

81,363円

4WD:

83,533円

FF:

92,132円

4WD:

96,384円

e:HEV SPADA G・Honda SENSING<FF>

25.0km/L 20.0km/L 50,120円 62,650円
e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING<FF>

25.0km/L 20.0km/L 50,120円 62,650円

※参考:ホンダ公式ホームページ
※年間走行距離を「10,000km」で想定
※ガソリン代はレギュラー、全国平均「125.3円」で計算(2020年11月24日時点)

ステップワゴンの実燃費はどのくらい?

実際に購入を検討している方々にとって、もっとも気になるのはやはりステップワゴンの実燃費ですよね。

そこで次は、オーナーが実際の走行距離や給油量、使用燃料といった燃費情報を投稿できるサイト「e燃費」のデータから、JC08モードでの実燃費例をまとめてみました。

グレード カタログ燃費 ガソリン代
JC08モード JC08モード
G・Honda SENSING

FF:

10.33km/L

4WD: 

7.61km/L

FF:

121,297円

4WD:

164,651円

G・EX Honda SENSING

FF:

10.33m/L

4WD:

7.61km/L

FF:

12,1297円

4WD:

164,651円

SPADA Honda SENSING

FF:

10.69km/L

4WD:

10.74km/L

FF:

117,212円

4WD:

116,666円

SPADA Cool Spirit Honda SENSING

FF:

10.69km/L

4WD:

10.74km/L

FF:

117,212円

4WD:

116,666円

e:HEV SPADA G・Honda SENSING<FF>

17.10km/L 73,274円
e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING<FF>

17.10km/L 73,274円

※参考:e燃費
※年間走行距離を「10,000km」で想定
※ガソリン代はレギュラー、全国平均「125.3円」で計算(2020年11月24日時点)

カタログ燃費との数値の開きが少し気になりますが、実燃費はそれぞれの運転の仕方や走行環境などによって左右されるので、カタログ燃費との差が出てしまうことはやむを得ません。

しかし、ステップワゴンはe燃費上の燃費ランキング上ではガソリン車は圏外、ハイブリッド車は64位でした。あくまで一つの指標としてですが、この実燃費例を知らずに乗ると期待していたほどの燃費効率ではないと感じてしまう方もいるかもしれません。

ステップワゴンの燃費に関する口コミ・評判

続いて、実際にステップワゴンを所有しているオーナーからの口コミをご紹介します。

いろいろな車種のレビューが多く投稿されている車専門のSNSサイト「みんカラ」から、ステップワゴンのガソリン車・ハイブリッド車の口コミを集めました。良い口コミ・悪い口コミの両方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ステップワゴンの燃費に関する良い口コミ・評判

ステップワゴンの良い口コミの中でも多く挙がっていた内容が、「ミニバンとしては十分な燃費効率」というものでした。

ミニバンを購入する方はあまり燃費を重視されていないという点もあるようですが、それでも燃費に対して前向きな意見が多いことから、ステップワゴンは燃費面で高く評価できる車種であることがわかります。

<ガソリン車>

  • 街乗りで9.5km/L。このサイズでこれだけ走れば十分
  • ミニバンなのであまり燃費効率は求めていないが、10km/Lで満足している
  • エコ運転なし、空調ありで街乗り9~10km/L、良い方だと思う
  • 高速道路15km/L、郊外17km/L、街乗り10km/Lほど。ガソリン車のミニバンでは決して悪くない

<ハイブリッド車>

  • 通勤用で23km/L以上と高燃費、ハイペースの山越えでも19km/Lをキープする
  • 加減速に気を付けて走ると街乗り17~18km/L、一般道23km/L
  • 通勤やチョイ乗りで17~18km/L。とてもよく走ると思う

※参考:みんカラ

ミニバンにしては高燃費

一般的にミニバンは車体が大きく、乗車人数や積み込む荷物量も多くなるため燃費が悪くなりがちです。しかし、ステップワゴンにおいては「ミニバンの割に燃費性能が高い」という声が多くみられました。

特にハイブリッド車の方は、一般道であれば23km/Lとカタログ燃費に近い数値を出す場合もあるようです。

街乗りでも十分な燃費効率

停発進が多く燃費が下がりがちな市街地での運転でも10km/L前後であり、比較的良い燃費効率だと感じている方も多いようです。
レジャーなどの長距離移動以外に日常使いをしたいという方にとっても、ステップワゴンの燃費は満足できるレベルではないかと考えられます。

ステップワゴンの燃費に関するイマイチな口コミ・評判

ステップワゴンのイマイチな口コミとして、「ガソリン車・ハイブリッド車ともに想定より燃費効率が低い」といった意見が目立ちました。特に、エアコン使用時に格段に燃費が下がってしまうのが気になる方が多いようです。

<ガソリン車>

  • この車体で四駆なら納得だが、今の時代に10km/L行くか行かないか程度の燃費は残念
  • エコモードONの街乗り多めで8km/L、思ったより良くなかったが仕方ない
  • 田舎道で平均11km/Lだが、エアコンを使用すると劇的な落ち方をする

<ハイブリッド車>

  • 20km/Lは走ってほしかったので、想像していたより燃費が悪かった
  • 冬場、エアコンを入れてのチョイ乗りだと8.1km/Lと燃費が悪化する
  • 4人乗りで平均17km/Lだが、エアコンを使用すると12km/Lまで悪化する

※参考:みんカラ

エアコン稼動時の燃費が落ちる

ガソリン車・ハイブリッド車ともに、やはりエアコンを使用したときの燃費が悪いという声がありました。

これはほかの車種にもいえることですが、特に冬場はエンジンが温まりにくくなるため燃費効率が下がってしまいます。ステップワゴンの購入を考えている方は、エアコンの稼動が多くなる夏や冬にどのくらいの頻度・距離で使用するかも含めて検討した方が良いかもしれません。

期待していたが、少し不満のある燃費性能

車体に対して燃費が良いという評価があった一方で、「思っていたほどの高燃費ではなかった」と感じる方もいらっしゃいました。

「ミニバンなので仕方はない」とある程度は納得してはいても、やはりガソリン車で10km/Lを切ってしまうと不満が残るというのが正直なところではないでしょうか。

燃費は路面状況や速度などでも差が出やすいので、ステップワゴンに燃費効率を期待する場合は「どのような道をどのくらい走るのか」についても考慮しておきましょう。

ステップワゴンにお得に乗るならカーリースがおすすめ!

家族みんなが使いやすい車が欲しいと考えているファミリー層の方々にとって、ステップワゴンは候補のひとつだと思います。

しかし、レジャー・買い物・送迎・通勤など車の使用用途はさまざまなので、どんな場面でも本当に乗りやすいのか、評判通りの燃費なのか気になりますよね。

そんな方におすすめしたいのが、毎月定額料金でステップワゴンに乗ることができる「カーリース」です。カーリースはお好きな車種を年単位の契約でリースすることができるサービスです。車検費用や自動車税などもあらかじめ定額料金に含まれていますので、支払いは毎月決まった額だけで利用できます。

さまざまな環境や気候の中でステップワゴンの乗り心地や燃費を確かめることができるうえに、もし不満があれば契約期間終了後にほかの車種へ変更することも可能です。これなら「高額を出して車を購入したけれど、実際に乗ってみると不満があった」ということもなくなります。

もちろん、その車が気に入れば契約終了後に引き取ることもできますので、欲しい車をしっかり吟味することができます。手軽にステップワゴンを試すことができ、お子さんの成長に合わせて乗り換えることもできるカーリースは、家族世帯の方々にはぜひチェックをしていただきたいサービスです。

まとめ

今回はホンダのステップワゴンの燃費について、カタログ燃費と実燃費の比較、オーナーからの評判などをご紹介しました。

ミニバンの中でも比較的に燃費性能が良いステップワゴンは、レジャーと日常使いの両面で使用する車としては最適な車種であるといえます。

いきなりミニバンを運転するには自信がない、子供を乗せるので本当に安心できる車か購入前に確認したいという方は、月額料金のみでお得にステップワゴンに乗ることができるカーリースの利用もぜひ選択肢に入れてみてください。