新型シエンタは何が進化した?マイナーチェンジ後の変更点を解説!

新型シエンタは何が進化した?マイナーチェンジ後の変更点を解説!

トヨタ自動車から生産・販売されている「SIENTA(シエンタ)」は、初代モデルが2003年に発売され、2015年からは現行モデルが発売されています。現行モデルは、2018年9月11日にマイナーチェンジが行われ、新グレードの登場や性能強化、デザイン追加など進化を遂げました。

今回は、シエンタがマイナーチェンジによってどの様な変化をしたのか。具体的な変更点を解説していきます。

トヨタのSIENTA(シエンタ)ってどんな車種なの?

マイナーチェンジでの変更点をご紹介する前に、SIENTA(シエンタ)がどのような車種なのかを理解しておきましょう。

シエンタは、トヨタ自動車が生産・販売する車種で、初代モデルは2003年に登場しました。12年後の2015年にフルモデルチェンジが行われ、現行モデルである2代目シエンタが登場します。

個性的かつカラーバリエーション豊富なデザインが人気で、おしゃれに可愛らしくドライブを楽しめます。他にも、ミニバンながら7人乗車できる広々とした車内やたっぷり荷物を積めるラゲージ、安全性能など、快適装備や安全装備が充実した車種です。

SIENTA(シエンタ)のマイナーチェンジの概要について

シエンタは、2018年9月に2代目モデルで初めてマイナーチェンジを行いました。新グレードの登場やラインナップ変更、カラー追加など、人気車種のシエンタが更にパワーアップをしています。

それでは、どのようなマイナーチェンジが行われたのか変更点を詳しく見ていきましょう。

シエンタ FUNBASEが新登場!

マイナーチェンジでは、「FUNBASE」が新設定されました。

シエンタの従来グレードであるXやGは7人乗り3列シートでしたが、FUNBASEは5人乗り2列シートを採用しています。ラゲージスペースを広く確保することによって、キャンプやサイクリングなど様々なシーンでシエンタを活用できるようになりました。

シエンタ G Cueroが標準ラインナップに!

現在シエンタのラインナップである「シエンタ G Cuero」は、これまでは特別仕様車として販売されていました。マイナーチェンジのタイミングで標準ラインナップとして、「X“Vパッケージ”」廃止に伴って、カタログモデルに追加されています。

G Cueroは、ポップなカラーやデザインが魅力であるシエンタとは異なり、スポーティで高級感あるエクステリアやインテリアが特徴です。

Cueroはスペイン語で「革」を意味しており、シートなどに革を使用し上質な雰囲気を演出し、クールでおしゃれに車種に仕上がっています。マイナーチェンジでは、従来のG Cueroからフロントバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、リヤランプ、ホイールキャップのデザインが変更されるなど、磨きをかけています。

カラーバリエーションが16パターンに展開!

マイナーチェンジによって、カラーバリエーションがさらに充実しました!

追加された新色は、「センシュアルレッドマイカ」「ラディアントグリーンメタリック(3列シート車専用)」「ベージュ(2列シート車専用)」の3色です。ツートンカラーも6パターン追加され、計16のカラーバリエーションから好きなカラーを選べるようになりました。

モノトーン
  • センシュアルレッドマイカ
  • ラディアントグリーンメタリック
  • ベージュ
  • スーパーホワイトⅡ
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック
  • ブラックマイカ
  • ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン
  • エアーイエロー
  • ブルーメタリック
ツートンカラー
  • ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ
  • ブラックマイカ×ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン
  • ホワイトパールクリスタルシャイン×ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン
  • ブラックマイカ×ベージュ
  • ブラックマイカ×エアーイエロー
  • ブラックマイカ×ラディアントグリーンメタリック

安全性能がパワーアップ

安全性能については、以下の2点が新規で追加されました。

  • プリクラッシュセーフティの機能向上
  • インテリジェントクリアランスソナー

プリクラッシュセーフティは、従来モデルにも搭載されていたレーザーレーダーや単眼カメラ方式をさらにパワーアップさせました。

2種類のセンサーによって、歩行者や先行者などを検知し、事故を未然に防ぎます。ブレーキを踏めなかった場合には、警報と合わせてブレーキアシストが作動するので、とっさの事態にも対応可能です。

インテリジェントクリアランスソナーは、パーキングサポートブレーキとも呼ばれています。静止物をセンサーで検知し、アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどによる衝突を緩和・予防するシステムです。走行時の静止物との接触予防だけでなく、車庫入れ・駐車の安全性にも配慮されています。

ハイブリッド車はさらに燃費性能が向上!

マイナーチェンジでは、ハイブリッド車の燃費性能も向上しています。これまではJC08モードでの計測で27.2km/Lでしたが、マイナーチェンジ後は28.8km/Lに引き上げられています。

シエンタの燃費については、詳しく解説した記事を公開しています。下記のリンクからアクセスできますので、燃費性能を詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

マイナーチェンジ後登場したシエンタ FUNBASEを詳しく解説

マイナーチェンジの変更点で注目したいのが、FUNBASEの新設定です。従来モデルとは異なる点が多く、より利用できるシーンが広がっています。シエンタ FUNBASEがどのような車種か詳しくご紹介していきます。

シエンタ FUNBASEのラインナップ

シエンタ FUNBASEは、従来3列シートではなく、2列シートを採用したグレードです。

FUNBASEは1種類ではなく、従来モデルをベースにしたラインナップとなっています。FUNBASEのグレードを下記の表にて一覧でまとめていますので、ぜひご覧ください。

グレード
(車種画像)
価格 燃費
(JC08モード)
FUNBASE X
1,809,500円~ 20.2km/L~
FUNBASE G
2,017,400円~ 20.2km/L~
FUNBASE G GLAMPER
2,028,400円~ 20.2km//L~
FUNBASE G Safety Edition
2,115,300円~ 20.2km/L~

※燃費・画像参考:トヨタ自動車ホームページ

広々としたラゲージスペースが魅力

FUNBASEは、シートが1列少なくなったことによって、ラゲッジスペースが広くなりました。

ローデッキで荷室幅1,260mm・荷室高1,070mm、ハイデッキで荷室幅1,260mm・荷室高985mmの広さがあり、サイズの大きいものはもちろん、状態を変更して背丈の高いものもしっかり積めます。

また、シートアレンジによって、2列目のシートを倒したフラットラゲージモードに変更すれば、キャンプアイテムやサーフボード、自転車なども積めるので、様々なシーンで積載性が活躍します。

充実のアクセサリーセットが便利に

FUNBASEには、FUNBASEセットというアクセサリーセットが付属しています。ユーティリティフックやラゲージマルチネットなど、どれも収納に役立つアクセサリーなので、下記の表でセット内容と合わせて機能を知っておきましょう。

セット内容 機能
ユーティリティフック ユーティリティホールに取り付けてテーブルやアッパーボードを固定
システムバー 荷物が出ないようにパーテーションとして利用
ラゲージマルチネット ラゲージの荷物をネットで固定
ラゲージアッパーボード ラゲージの上下を仕切って荷物の収納・出し入れが簡単に
ラゲージアッパーボックス ラゲージに収納ボックスを追加

マイナーチェンジ後のシエンタに乗るなら「新車リース クルカ」がおすすめ!

「マイナーチェンジされたシエンタに乗りたいけれど購入する予算はない…」という方には「新車リース クルカ」がおすすめです!

クルカでは、取り扱い車種の新車を3年の短期リースで提供しています。異動先で車が必要になったり、購入するまでのつなぎで乗ったりするなど、シーンに合わせて利用できるのが特徴です。

また、クルカでは月額料金に頭金や自動車税、車検費用などが含まれています。そのため、月額のプラン料金以外に費用がかからず、お得にシエンタに乗り始められます。シエンタの料金プランを下記の表にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

プラン 月額料金 オプション
ベーシックプラン 29,800円
  • LEDランプパッケージ
  • パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
  • フロアマット
ナビ・ETC付きプラン 37,000円
  • サイドバイザー
  • T-Connectナビ7インチモデル
  • ETC車載器
フルパッケージプラン 47,000円
  • サイドバイザー
  • T-Connectナビ9インチモデル
  • 12.1型後席ディスプレイ
  • iPod対応USB/HDMI入力端子
  • ドライブレコーダー

まとめ

今回は、シエンタのマイナーチェンジでの変更点や新設定されたFUNBASEについて解説を致しました。

マイナーチェンジの主な変更点は「FUNBASEの新設定、G Cueroの標準ラインナップ追加、カラーバリエーション追加、安全性能の充実、ハイブリッド車の燃費性能向上」の5点です。デザインから性能まで幅広くパワーアップし、より快適な車種に生まれ変わりました。

その中でも新設定されたFUNBASEは、2列シートを採用することによって、様々なシーンに対応できる収納力や積載性を加えています。シエンタのマイナーチェンジの内容を理解した上で、より進化したシエンタをぜひ体感してみてください。