【FP監修】残価設定ローンのデメリットは?カーリースの違いも解説

【FP監修】残価設定ローンのデメリットは?カーリースの違いも解説

皆さんも車を購入する時には、ローンを組んできたという方も多いでしょう。特に残価設定ローンはディーラーから提案されることが増えていますので、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

通常の自動車ローンとは異なりますが、カーリースと少し似ている部分もありますので、残価設定ローンとの違いをしっかりと理解する必要があります。

今回は、残価設定ローンとはどんな仕組みになっているのか、利用するメリット・デメリットについてご紹介をします。カーリースとの違いについても解説をしていきますので、これから車の購入をご検討されている方は是非参考にしてみてください。

残価設定ローンとは

残価設定ローンとは、文字通り残価を設定して組むローンのことを言います。

残価とは、残存価格とも言われ、自動車を将来下取りしたときの価値にことで、下取り価格と言い換えることができます。本来の購入価格から残価を差し引いたローンであり、残った購入価格をローンで支払うのが残価設定ローンです。

また、残価設定ローンでは、設定年数を超えた場合、以下の3パターンから自動車の取り扱いを決められます。

  • 自動車を返却する
  • 同じディーラーの他の車種に乗り換える
  • 残価を一括で支払い、買い取って乗り続ける

上手く選択肢を選べば、数年で新車に乗り換えたり、利用頻度を考慮して処分したりするなど、柔軟に自動車を扱うことができます。

一方で、残価を「割引」するわけではないので、残価に相当するお金はローン最終回に発生します。次から紹介していくメリットとデメリットをしっかり理解して、残価設定ローンを選ぶことが大切です。

残価設定ローンのメリット

まず、残価設定ローンのメリットから見ていきましょう。あらかじめ残価が設定されることから、月々の支払い金額などにメリットがあります。さっそくいくつかの残価設定ローンにおけるメリットをご紹介していきます。

月々の支払い金額を抑えられる

残価設定ローンでは、通常の自動車ローンからあらかじめ設定された残価が差し引かれます。例えば、240万円の新車を3年ローンで購入する場合、従来の自動車ローンと残価設定ローンを比べてみましょう。

従来の自動車ローンは、240万円を分割払いする必要があります。残価設定ローンの場合、残価が40万円に設定してあると、残り200万円を分割支払いすることになるので、月々の支払い金額を低く抑えることができます。

自動車ローン以外にも返済しているローンがあるときなど、月々の支払いに十分なお金を捻出できない場合に選択したいローンです。

下取り価格が保証されている

残価設定では、下取り価格が保証されております。新車を購入して年数が経過すると、自動車の下取り価格は下がっていきます。返却や乗り換えを選択する場合に、下取り価格が低いと、金額的なメリットを得られません。

残価設定ローンなら、保証された下取り価格が下がることはないので、下取り価格を考慮して、返却や乗り換えを検討できます。

数年後に新車に乗り換えることができる

残価設定ローンで契約した返済期間が終了すると、「返却・乗り換え・買取」の3パターンから選ぶことになります。下取り価格が保証されているので、乗り換えを選択しやすく、3年~5年の短いスパンで、新車に乗り換えることが可能です。

従来の一般的な自動車ローンの場合は、自らタイミングを見極める必要があり、迷ってしまったり、最適なタイミングでなかったりすることもあるでしょう。短いスパンで新車に乗り換えたいと決めている方にとって、残価設定ローンはおすすめの方法です。

残価設定ローンのデメリット

残価設定ローンは、月々の支払いが抑えられる、短いスパンで新車に乗り換えるといったメリットがある一方で、気をつけたいデメリットもあります。残価設定ローンを選択する前に、しっかりとデメリットもおさえておきましょう。

自動車のコンディション次第では追加料金がかかる

自動車を返却する場合に、自動車にキズやヘコミがあるなど、コンディションが悪いときには注意が必要です。査定金額が下がってしまうので、あらかじめ設定された残価を上回った分の追加支払いが発生する恐れがあります。

残価設定ローンで自動車を購入するなら、返却することも想定して、コンディションに配慮した乗り方をしましょう。

ローン条件によっては残価が保証されない

残価設定ローンは、いくつかのローン条件を設定している場合があります。条件を守らないと、残価が保証されなくなるので注意が必要です。主な条件には「走行距離制限、コンディション、所有者」などがあります。

走行距離の制限が含まれていると、自動車を使える範囲が狭まることにもなります。ローン条件をしっかり確認してから、残価設定ローンを組むようにしましょう。

カスタマイズによって価値が下がる場合がある

自動車を自分好みにカスタマイズしたい方も多いでしょう。

残価設定ローンにおいては、カスタマイズによって車の価値が下がれば、将来の下取り価格に影響を及ぼしてしまいます。返却を考えているなら、購入したときの状態で返却しなければなりません。自由に自動車をカスタマイズしたいと考えている方には、残価設定ローンは不向きです。

買取を選択すると支払い総額が高くなることがある

残価設定ローンは、一見少ない支払い金額で自動車を購入できるように感じます。ただ、買取を選択した場合、月々の支払いと合わせると総額が高くなるリスクがあります。

また、残価を差し引いた金額ではなく、元金に利息がかかるので、なかなか元金が減らないのは気になるポイントです。結果的に利息が高くなり、支払い金額が多くなる可能性があります。

残価設定ローンとカーリースは似てる?違いを解説

あらかじめ残価を差し引いた金額を分割で支払うという点では、残価設定ローンとカーリースには共通点があります。

ただ、自動車の取り扱いなどに違いがあるので、それぞれの特徴を理解して選択する必要があります。ここで、残価設定ローンとカーリースの主な違いを見ていきましょう。

契約期間終了後の自動車の取り扱い

残価設定ローンでは、購入する方法になるので、返却や乗り換えに加えて、買取を選択することができます。自分の自動車として乗り続けられ、契約期間終了後自由に取り扱うことも可能です。

一方で、カーリースは、あくまでリース会社から自動車を借りる手段です。契約期間終了後は、返却・再度リースする・別の車をリースまたは購入するなどの選択肢があります。リース終了後に買取できるリース会社もあるものの、基本的には契約後に返却することになります。

そのため、残価設定ローンと共通しますが、元の状態で返却しなければならないので、自由にカスタマイズできない、コンディション次第で追加料金が発生するといった注意点があります。

月々の支払い金額

残価設定ローンとカーリースはどちらも月々の支払いで、自動車に乗り始められる手段です。ただ、月々の支払いに含まれるものに違いがあり、金額には差が出るので、どれくらいの支払いができるかを考慮して、しっかり検討する必要があります。

残価設定ローンの場合、車検や税金などは含まれていないので、月々の支払いはカーリースに比べると少ないです。一方、カーリースは、車検や税金などの諸経費が含まれた上で、月々一定額の支払いになります。費用が全てコミコミな分、車種によって月々の支払いが多くなるので、リース期間中継続的支払えるかということは事前に検討しましょう。

月々の支払い以外にかかる費用

月々の支払いに含まれるものに違いがあると解説したように、残価設定ローンには含まれない費用がいくつかあります。

車検や車にかかる税金、メンテナンス費用などが含まれないので、月々の支払い以外に出費が発生します。車検や税金は数年に1回のタイミングですが、突発的な出費が発生する点には注意が必要です。

一方、カーリースには、車検や税金、メンテナンスなどの諸経費が含まれています。月々一定の支払いになるので、突発的な出費が起こることなく、計画的に支払いを行い、車を利用することができます。シンプルな料金で自動車に乗り始めたい、維持にかかる手間を減らしたいといった方に、カーリースが最適です。

カーリースを選ぶなら「新車リース クルカ」がおすすめ

コミコミの月額料金やメンテナンスの手間を抑えて、お得に新車に乗りたいという方にはカーリースもおすすめです。カーリース会社は数多くありますが、その中でもおすすめしたいのが「新車リース クルカ」というサービスです。

クルカでは、新車に安く乗り始められるカーリースとして人気があります。国内や海外のネットワークを駆使することによって最低価格を保証し、人気車種に気軽に乗ることができます。また、頭金やボーナス払いがなく、税金や諸経費が含まれているので、月々一定額の支払いに抑えられます。

さらに、クルカは3年以内の短期リースです。新車を短期間で利用するので、故障リスクが少なく、急な出費の心配はありません。色々な車種に乗り換えたいという人にとっても、短いスパンで乗り換えられるのもクルカを利用する大きなメリットです。

まとめ

今回は、残価設定ローンのメリット・デメリット、カーリースとの違いなどについてご紹介をしてきました。

残価設定ローンのメリットは、月々の支払い金額を抑えられることや下取り価格が保証されていることなどがあります。一方で、コンディション次第で査定額が下がることやローン条件によって下取り価格が保証されないことなどのデメリットもあるので、メリットだけでなく、デメリットも考慮しなければなりません。

また、カーリースとは残価設定する部分は共通していますが、月々の支払いに含まれるものが異なり、月々の支払いと合わせて、車検や税金などの出費が発生します。残価設定ローンのメリット・デメリット、カーリースとの違いを理解して、残価設定ローンの利用を検討してみましょう。

この記事の執筆者

田中 晃
田中 晃1級ファイナンシャルプランナー
【経歴】
1980年生まれ。
2015年1級ファイナンシャル・プランニング技能士取得。
同志社大学卒業後、某共済生活協同組合にて保険をメインにFP相談業務に携わり、
その後1部上場企業の人事部において社員向け資産運用企画を経験、株式会社CONSTANKを設立。
Twitterにおいて資産運用に関する情報を発信し無料相談等をしていた所、アメリカのニューヨークメディア、ヘラルド社のニュースサイトにメディア配信実績あり。

【保有資格】
1級ファイナンシャル・プランニング技能士