プリウスに乗るならローン購入よりカーリース!全7社の料金も比較!

プリウスに乗るならローン購入よりカーリース!全7社の料金も比較!

トヨタのプリウスは、広々とした車内スペースやハイレベルな燃費性能、快適な走行性能などが特徴の人気車種です。普段遣いだけでなく、レジャーや旅行のシーンでも活躍してくれます。

ただ人気車種ということもあって、購入にはなかなか手が出せないでいるという方もいることでしょう。そこでおすすめしたいのが、カーリースです。カーリースを利用すれば、初期費用や維持費をおさえてお得にプリウスに乗ることができます。

今回はプリウスをカーリースvsローン購入する場合の料金を比較してご紹介していきます。プリウスをカーリースするメリットや利用時の注意点も解説を致しますので参考にしてみてください。

プリウスの車体価格はどのくらい?

ローン購入とカーリースの料金を比較する前に、プリウスの車体価格をグレード別に一覧でまとめてみましたので確認をしてみましょう。

車種 グレード 車体価格
プリウス Aプレミアムツーリング
セレクション
3,284,280円~
Aプレミアム 3,175,200円~
Aツーリングセレクション 3,006,720円~
A 2,842,560円~
Sツーリングセレクション 2,732,400円~
S 2,565,000円~
E 2,518,560円~

あくまで車体価格であるため、ナビ・オーディオやオプション、アクセサリーを含めると、プリウス Eでも300万円は必要でしょう。

競合車種のひとつであるスバル インプレッサは「194.4万円~261.36万円」で、プリウスは少々高めです。価格がネックになって、なかなか購入に踏み切れない方も多いでしょう。

そこで活用したいのがカーリースです。カーリースでは、初期費用が必要なく、月額料金で車を利用することができます。購入価格で悩んでいる方は、是非カーリースを検討してみましょう。

プリウスをカーリースで利用するメリット

プリウスの購入は少々ハードルが高いですが、カーリースであればお得に乗ることができます。ローン購入よりもなぜお得か、カーリースのメリットを見ていきましょう。

頭金なしで初期費用をおさえられる

カーリースでは、ローン購入で必要な頭金も月額料金に含まれています。本来必要な頭金は以下の通りです。

  • 車両価格
  • 自動車取得税
  • 車庫証明代行手数料
  • 登録手数料
  • 自賠責保険
  • 納車費用
  • ナンバープレート取得費用
  • リサイクル費用

プリウスの新車購入に当てはめると、頭金が総額で約315万円かかることが予想できます。

その点、カーリースは初期費用を負担する必要がないため、月額料金約5万円ほどでプリウスを利用できます。初期費用がネックになっている方も安心して、プリウスに乗り始められますね。

プリウス新車購入の頭金

プリウスの新車購入時に、初期費用としてかかるのは下記の通りです。

車両価格
(Aツーリングセレクション)
約3,000,000円
自動車取得税 約81,000円
車庫証明代行手数料 約3,000円
登録手数料 900円
(ネット申請の場合500円)
自賠責保険 36,780円
納車費用 約10,000~30,000円
ナンバープレート取得費用 約5,000円
リサイクル費用 11,480円
初期費用総額 約3,150,000円

月額料金に維持費が含まれている

車にかかる費用として、維持費も気になるでしょう。カーリースは、維持費も月額料金に含まれています。

自動車税、保険料などを別途支払う必要がなく、維持費をおさえることができます。維持費で会計を圧迫することなく、プリウスに乗れます。注意点として、燃料代や駐車場代は利用者持ちとなります。

メンテナンスや車検を任せられる

カーリースでは、メンテナンスパックなどのプランに加入することで、車検や定期的なメンテナンスを任せることができます。

もちろん費用は月額料金に含まれていますので、メンテナンスの手間とコストを同時に解決することが可能です。

プリウスをカーリースで利用するデメリット

プリウスのカーリースには、初期費用の節約やメンテナンスの手間・コストの削減といったメリットがあるものの、デメリットもあります。カーリースを利用する前に、デメリットも確認しておきましょう。

契約後自分のものにならない

カーリースは、基本的に契約終了後は車を返却するため、自分のものにはなりません。

契約終了後に車が必要な場合は、新たにカーリースするなど改めて車を手に入れる必要があります。同じ車に乗り続けたい方にとっては難点かもしれません。

改造やカスタマイズはできない

カーリースでは、借りたままの状態で車を返却する必要があります。車の改造やカスタマイズはできないため、自分の好きな機能や設備を搭載したいという方には不向きです。

後から使いたい機能がなかったと後悔しないように、あらかじめカーリースするプリウスのオプションや機能を確認することが大切です。

プリウスのカーリースとローン購入を料金比較

実際にプリウスのカーリース費用とローン購入費用を比較してみましょう。比較に選んだのは、快適な車内装備で人気が高いプリウス Sツーリングセレクションです。車体価格のみで比較するためにオプションは含めていません。

カーリース費用はクルカとオリックスカーリースを、ローン購入はトヨタ見積もりシュミレーションを例に算出をしております。

ローンについては、残価設定・ボーナス月の支払い加算なしの通常割賦とし、ローン金利はローン事例に合わせて4..9%で計算しました。金利は販売店や組むローンによって変動するので注意が必要です。

カーリース
(クルカ)
カーリース
(オリックスカーリース)
ローン購入
(トヨタ見積もりシュミレーション)
購入価格 2,866,087円
初期費用 0円 0円 頭金あり
(税金・諸経費)
月額費用 29,800円
(3年)
54,450円
(5年)
53,841円
(5年)
維持費用 ・燃料代
・駐車場代
・燃料代
・駐車場代
・税金や保険で
年間6万円程度
・車検
・燃料代
・駐車場代

カーリースとローン購入では、カーリースは初期費用がかからず、維持費用も最小限におさえられます。またカーリース会社によって、月額費用が異なり、3年プランですがオリックスカーリースよりもクルカの方が月額費用が安くなっています。

クルカは、3年の短期リースで新車を提供しているカーリース会社です。プリウスをはじめとした人気車種の新車に乗ることができ、ニーズに合わせて短期で車種を乗り換えられます。

月額料金も安いため、安心してプリウスに乗り始められます。より安く新車のプリウスに乗りたいという方は、クルカでカーリースしてみましょう。

プリウスをカーリースする時の注意点

カーリースは、契約期間やサービスによって、料金や維持の手間が変わります。

またカーリース会社は数多くあるため、利用料金やサービスで損をしないようにカーリース会社の比較も重要です。プリウスのカーリースを利用する前に、注意点を知っておきましょう。

月々の支払いを想定しておく

あらかじめ月々どれくらい支払えるかを想定しておきましょう。カーリースは、初期費用や維持費用を最小限におさえられますが、月額料金が家計に合っていないと、結局無理のある車の利用になってしまいます。

総務省の家計調査2019年6月データによると、2人以上の勤労者世帯において、交通・通信費には52,444円がかかっていて、その内車の費用は37,739円となっています。収入や子どもの人数によっても異なりますが、一般的には家計に占める車の費用は約4万円くらいです。

そのため、4万円/月という金額をベースにリースの契約期間を長くして月々の利用料金を減らすなど、無理のないプラン設計でプリウスに乗りましょう。

メンテナンスサービスが充実しているのか

メンテナンスサービスの有無によって、維持にかかる手間が変わります。メンテナンスサービスによって、オイル交換など定期的なメンテナンスをしてもらうことができ、車の管理の負担が減ります。

手間なくリース車両を最適な状態に保つことができるため、安心して運転できます。利用する前に、カーリース会社にメンテナンスサービスやプランがあるか、しっかりチェックしておきましょう。

複数のカーリース会社を比較する

カーリース会社はいくつもあり、料金プランやサービスもさまざまです。よりお得にプリウスをリースするためには、複数のカーリース会社で料金やサービスを比較しましょう。

1社だけで利用を決めて、月額費用が高くて支払いが厳しいと後から後悔しないためにも、複数のカーリース会社を比較して自分に適したカーリース会社で契約をしましょう。

全7社のプリウスのカーリース料金を比較

トヨタのプリウスをリースする場合、何処のカーリース会社を利用すれば最もお得に乗ることができるのでしょうか。

ここで、プリウスをカーリースできる全7社の料金を比較してご紹介をしていきます。プリウスのリースを検討されている方は是非参考にしてみてください。

①クルカ

リース会社 クルカ
車種 プリウス
グレード 2WD5ドア 5人乗り1,800
(S “ツーリングセレクション”
契約期間 3年間
月間走行距離 ~1,000km(想定算出)
オプション ディーラーオプションフロアマット
※カーナビ・ETCは付いておりません
メンテナンス なし
頭金 0円
月額 29,800円(定額)
備考 ・車検や自動車重量税など一切不要
・3年で新車に乗り換え可能
業界最安値でお得

②リースナブル

リース会社 リースナブル
車種 プリウス
グレード 2WD5ドア 5人乗り1,800
(S “ツーリングセレクション”
契約期間 3年間
月間走行距離 ~1,000km(想定算出)
オプション ETC、ナビ、バックモニター、オリジナルフロアマット付き
メンテナンス なし
頭金 0円
月額 36,500円(定額)
備考 ・頭金、車検、自動車税が不要
・オプション完備

③オリックス 個人向けカーリース

リース会社 オリックス個人向けカーリース
車種 プリウス2WD5ドア 5人乗り1,800
(S “ツーリングセレクション”
契約期間 9年間※最安値
月間走行距離 ~1,000km(想定算出)
オプション ETC、カーナビ、バックカメラ、JAF、マット
メンテナンス あり※月額料金には含めて算出
頭金 0円
月額 36,960円(定額)
備考 ・9年後には車がそのまま貰える
・無料で寒冷地仕様にできる
・頭金あり、なしの選択が可能

④マイカー賃貸カルモ

リース会社 マイカー賃貸カルモ
車種 プリウス
グレード 2WD5ドア 5人乗り1,800
(S
契約期間 3年間
月間走行距離 ~1,000km(想定算出)
オプション カーナビ付き
メンテナンス あり
頭金 0円
月額 38,116円(定額)
備考 ・ボディーカラーを無料カスタマイズ可能
・オプションのカスタマイズ可能
(ETC、バックカメラ、フロアマットなど)

⑤コスモスマートビークル

リース会社 コスモスマートビーグル
車種 プリウス
グレード 2WD5ドア 5人乗り1,800
(S “ツーリングセレクション”
契約期間 3年間
月間走行距離 ~1,000km(想定算出)
オプション ETC、カーナビ、バックカメラ
メンテナンス あり※月額料金には含めて算出
(ライトプラン)
頭金 0円
月額 49,500円(定額)
備考 ・コスモでのガソリン代割引あり
・メンテナンスプランの選択が可能
・頭金やボーナス払いなどの支払いの選択が可能

⑥株式会社KINTO

リース会社 株式会社KINTO
車種 プリウス
グレード 2WD5ドア 5人乗り1,800
(S “ツーリングセレクション”
契約期間 3年間
月間走行距離 ~1,000km(想定算出)
オプション ETC2.0ユニット(ビルトイン)
ボイスタイプフロアマット(デラックスタイプ)
メンテナンス なし
頭金 0円
月額 53,460円(定額)
備考 ・寒冷地仕様や冬タイヤの装備あり
・地方の方向けの安心のオプション有
・希望ナンバー、ボーナス支払い有

⑦NOREL

リース会社 NOREL
車種 プリウス
グレード 2WD 5名  S(2010年式)
走行距離:約14,000km
契約期間 3年間
月間走行距離 ~1,000km(想定算出)
オプション カーナビ、革シート、テレビ、サンルーフ、
CD/MD、アルミホイール、ETC、ABS、バックカメラ
メンテナンス なし
頭金 0円
月額 79,800円(定額)
備考 ・中古車で算出
・最低利用期間の設定有り

プリウスをリースするならクルカがおすすめ!

各社のプリウスのカーリース料金を比較してみたところ、最も安かったのがクルカの29,800円(定額)でした。

逆に最も高額だったのがKINTOの81,000円(定額)で、クルカとKINTOの差額は約50,000円もの差額がありました。もう一台分カーリースができてしまうような価格差ですね。

オプションなどの違いはありますが、月額のリース料金を抑えて、とにかくお得にプリウスをカーリースしたいという人には「新車リース クルカ」がおすすめです。

まとめ

今回はプリウスをカーリースvsローン購入する場合の料金を比較してご紹介をいたしました。

カーリースは、初期費用もかからずに月額料金のみで乗り始められるため、費用を抑えてプリウスに乗りたいという人にはおすすめです。

ローン購入よりもお得に乗ることができるカーリースを利用して、プリウスのあるカーライフを満喫してみてはいかがでしょうか。