【国産車・外車】燃費の良い車ランキング!ボディタイプ別にご紹介!

【国産車・外車】燃費の良い車ランキング!ボディタイプ別にご紹介!

車を選ぶ際には、見た目や内装、安全性などのチェックポイントがありますが、燃費の良さを重視したいという方も多いのではないでしょうか?

燃費の良さを売りにしている車種はいくつかありますが、そもそも車の燃費とは何か、燃費の良い車・悪い車をどう選ぶのかはまずおさえたいポイントです。

そこで今回は、燃費の良い車を国産車・外車それぞれでボディタイプ別にランキング化しましたので、燃費で車を選びたい方はぜひ参考にしてみましょう。

目次

そもそも車の燃費とは?

燃費が良い方が優れているという考え方が一般的ですが、車の燃費がどのようものか漠然と理解している方が多いかもしれません。

車の燃費は、「km/L」という単位で表現され、1Lの燃料でどのくらいの距離を走行できるのかを表しています。燃費が高いほど少ない燃料でより長い距離を走行できると言えるのです。

燃費は、メーカーのホームページなどで調べることができますが、WLTCモード、JC08モードといった計算方法で算出された数値が記載されており、数値が異なる場合があります。JC08モードは日本独自の試験方法、WLTCモードは国際基準の試験方法であり、2018年10月からWLTCモードでの測定が義務付けられ、徐々に統一が進んでいます。

WLTCモードは、市街地走行、郊外走行、高速道路走行といった3つの条件で測定が行われるので、より実際の走行に近い数値を得られるのが特徴です。

燃費の良い車とはどんな車?

燃費は、1Lの燃料でどれだけの距離を走れるかを表しているので、その数値が高いほど燃費の良い車と判断することができます。

燃費の良し悪しを判断する目安として、国土交通省が発表している「自動車燃費一覧(令和2年3月)ガソリン乗用車のJC08モード燃費平均値の推移」によると、車種全体の平均は22.0km/Lです。

シンプルに考えると、22.0km/Lを上回っていれば燃費が良い、下回っていれば燃費が悪いと言えるでしょう。ただ、燃費は車の性能だけでなく、運転の仕方やタイヤの空気圧、路面コンディションなど様々な要因が関わってくるので、実際の燃費とは異なることに注意が必要です。

燃費の良い車を選ぶポイント

燃費の良い車を選ぶためには、まずメーカーで公表されているカタログ燃費を確認しましょう。WLTCモードやJC08モードで計測された公式の数値になっているので、気になる車種のカタログ燃費を比較すると、燃費の良し悪しが見えてきます。

また、「e燃費」というWebサイトも燃費の比較に便利です。車種ごとにカタログ燃費と実燃費を公開しており、ボディタイプなどカテゴリごとの燃費ランキングも確認することができます。具体的な車種の候補が決まっていない場合は、実燃費やランキングを参考にして、燃費の良い車を見つけてみましょう。

【国産車】燃費の良い車ランキング

まずは国産車から燃費の良い車をボディタイプ別にチェックしていきましょう。軽自動車、コンパクトカー、セダン、SUV、ミニバンの順でトップ3をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

燃費の良い軽自動車ランキング

【第1位】スズキ ワゴンR:25.2km/L(WLTCモード)

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

スズキ ワゴンRは、ワゴンタイプの軽自動車の中でもトップクラスの燃費性能を誇っています。25.2km/Lの燃費性能を持ち、コストパフォーマンスに優れた軽自動車です。

軽ワゴンでナンバーワンの室内長、乗り降りしやすい地上高を確保しており、居住性や乗り降りのしやすさを備えています。安全性も高く、超音波センサーによる後退時ブレーキサポートや後方誤発進抑制機能などによってドライバーや同乗者、歩行者の安全を守ります。

【第2位】ホンダ N-WGN:23.2km/L(WLTCモード)

ホンダ N-WGNは、軽自動車ながら使い勝手の良い荷室を備えています。低床設計によって荷室を拡張し、多くの荷物を収納することが可能です。シートアレンジも多彩で、上下に収納スペースを仕切ったり、後席を倒してフラットな収納スペースを作ったりするなど、シーンに合わせて荷物を収納できます。

23.2km/Lの燃費性能に加え、快適な走行性能も特徴のひとつです。広く確保した視界や少ない動作で曲がる自然な操作感、スムーズな加速・パワーを備え、様々なコンディションやシーンで快適なドライブを可能にします。

【第3位】スズキ ハスラー:22.6km/L(WLTCモード)

出典:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

スズキ ハスラーは、「遊べる軽」というキャッチフレーズで販売されているアクティブな軽自動車です。SUVのような箱型スタイルで、カラーバリエーションが豊富にあるので、自分好みのカラーを選べるようになっています。

ハイブリッドシステムを搭載しており、22.6km/Lの燃費性能はもちろん、走りやすさも魅力です。パワフルでスムーズな走りを実現し、4WD車であれば悪路や雪道でも走り切る走破性も兼ね備えています。

燃費の良いコンパクトカーランキング

【第1位】ホンダ フィット:38.6km/L(JC08モード)

出典:https://www.honda.co.jp/Fit/

ホンダ フィットの燃費性能はJC08モードで38.6km/Lを誇り、コンパクトカーの中でもトップクラスです。燃費が良いだけでなく、快適なドライブを実現するべく、4つの心地よさを実現しています。

見晴らしに良い視界の心地よさ、座り心地、乗り心地、使い心地の4つを備え、ドライバーや同乗者を心地よいドライブへと連れていってくれます。タイプバリエーションは5つあり、ライフスタイルに合ったフィットを選べるのも嬉しいポイントです。

【第2位】トヨタ アクア:29.8km/L(WLTCモード)

出典:https://toyota.jp/aqua/

トヨタ アクアは、外観も内装もスタイリッシュなデザインになっており、フォトジェニックな見た目が印象的なコンパクトカーです。コンパクトカーながら、室内長をしっかり確保し、ゆとりある室内空間や大容量の荷室を備えています。

WLTCモードで29.8km/Lの燃費性能を持ち、モーターとエンジンを生かした走りを実現しました。加速性能の高さもあり、スムーズな加速で快適でゆとりのあるドライブを楽しむことができます。

【第3位】日産 ノート:34km/L(JC08モード)

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

日産 ノートは、電気自動車技術を駆使したe-POWERモデルも展開しているコンパクトカーです。JC08モードで34km/Lの燃費性能を誇り、電気技術によって滑らかな加速や静粛性も両立しています。

ボディカラーは、全22色のカラーバリエーションを用意しています。2トーンカラーもラインナップしており、見た目にこだわることがスタイリッシュな外観が特徴です。

燃費の良いセダンランキング

【第1位】トヨタ プリウス:32.1km/L(WLTCモード)

出典:https://toyota.jp/prius/

トヨタ プリウスといえば、低燃費というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。トヨタの技術を結集したハイブリッドシステムを搭載し、WLTCモードで32.1km/Lという低燃費を実現しました。

重心高を下げたことによる操縦安定性・走行性能、電気式4WDシステムによる悪路でのスムーズな制御などを備えています。

【第2位】トヨタ カローラ(ハイブリッド):29.0km/L(WLTCモード)

出典: https://toyota.jp/corollatouring/

トヨタ カローラは、世界150ヵ国以上の国で愛されているセダンです。スポーティーで洗練されたスタイルが魅力的で、インテリアも質感や細部の意匠、機能性までこだわっています。

WLTCモード29.0km/Lという低燃費を実現しながら、ガソリンエンジン・ハイブリッドシステムともに力強くスムーズな走りが可能です。シーンに合わせた収納を可能にした荷室や室内収納を備え、スペースを有効活用して快適なドライブを実現しています。

【第3位】トヨタ カムリ(ハイブリッド):27.1km/L(WLTCモード)

出典: https://toyota.jp/camry/

トヨタ カムリは、スポーティさとアグレッシブさを兼ね備えたエクステリアデザインが特徴的なセダンです。低重心設計による車両安定性や操作性、ハイブリッドシステムによる動力性能や低燃費を実現しています。

スポーティさは内装にも表現されており、スポーツカーのコックピットを感じさせるような空間がドライバーの心を高ぶらせてくれます。

燃費の良いSUVランキング

【第1位】トヨタ ヤリスクロス(ハイブリッド):30.8km/L(WLTCモード)

出典:https://toyota.jp/yariscross/

トヨタ ヤリスクロスは、SUVの中でも優れた燃費性能を持ち、WLTCモードで30.8km/Lとなっています。SUVらしい力強い存在感がありながら、スタイリッシュなフォルムにまとまった新しいコンパクトSUVです。

使い勝手の良さもSUVらしく、390Lの容量のある荷室やシーンに合わせたシートアレンジ、豊富な室内収納を備えており、レジャーやアウトドア、ロングドライブなどで活躍間違いなしです。

【第2位】トヨタ C-HR:25.8km/L(WLTCモード)

出典: https://toyota.jp/c-hr/

トヨタ C-HRは、先進的で知的なデザインを目指してつくられたコンパクトクロスオーバーです。室内空間にもこだわっており、スポーティーなシートや洗練されたインテリアが上質な空間をつくり、ドライバーの心を躍らせるデザインになっています。

ハイブリッドシステムとダウンサイジングターボエンジンから選ぶことができ、低燃費と爽快な走りを両立しました。

【第3位】レクサス UX:21.6km/L(WLTCモード)

出典:https://lexus.jp/models/ux/

レクサス UXは、「Creative Urban Explorer」をコンセプトにつくられた都市型コンパクトクロスオーバーSUVです。大胆なスタイリングながら、スムーズなレスポンスで滑らかで心地よいドライビングを叶えます。

ボディカラーは全11色となっており、カラーバリエーションが多彩です。自分好みのカラーで遊び心も加えられるのも魅力のひとつとなっています。

燃費の良いミニバンランキング

【第1位】トヨタ シエンタ:22.8km/L(WLTCモード)

出典:https://toyota.jp/sienta/

トヨタ シエンタは、スタイリッシュでアクティブな外観が印象的ですが、燃費性能でもミニバンの中で特に優れている車種です。コンパクトなボディのミニバンであり、大きすぎず小さすぎないサイズ感や取り回しのしやすさで、軽快な運転を可能にします。

座席数とゆとりを生かしたシートアレンジや室内収納、パワースライドドアなども備え、家族やグループでのドライブやアウトドアでも活躍してくれるでしょう。

【第2位】ホンダ オデッセイ:19.8km/L(WLTCモード)

出典:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ホンダ オデッセイは、超低床プラットフォームを採用し、伸びやかで存在感のあるシルエットに仕上がっています。スタイルだけなく、フロントグリルやヘッドライトなど細部にも迫力があり、一目でオデッセイだとわかるスタイリングです。

室内にもホンダならではのこだわりがあり、乗る人すべてが快適に過ごせる空間になっています。上質なシートを配置し、3列目シートには床下収納も装備しているのも見どころです。手をかざすだけで開閉できるジェスチャーコントロール・パワースライドドアや遮音機能付きガラス、シートヒーターなど快適装備も充実しています。

【第3位】ホンダ フリード:17.0km/L(WLTCモード)

出典:https://www.honda.co.jp/FREED/

ホンダ フリードは、家族でのドライブや小さな子どものいる家庭にぴったりのミニバンです。3列目まで配置されたシートのある室内は、「人のためのスペースは最大に、メカスペースは最小に」というコンセプトで広々した空間を確保しています。

足先をかざすと開くハンズフリースライドドアや低床フラットフロア、鍵を取り出さなくても開閉できるスマートキーシステムなどによって、大人も子どもも乗り降りしやすいのが特徴です。

【外車】燃費の良い車ランキング

外車の燃費の良い車トップ3をコンパクトカー、セダン、SUV、ミニバンそれぞれでピックアップしました。燃費や特徴を詳しくチェックしていきましょう。

燃費の良いコンパクトカーランキング

【第1位】フォルクスワーゲン up!:22.0km/L(JC08モード)

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up.html

フォルクスワーゲン up!は、メーカーの伝統を継承しながらも、コンパクトで先進的な車に仕上がっています。コンパクトカーらしく小回りが利くだけでなく、安全技術や便利なシステムを搭載し、さりげなくてもあると嬉しい機能が満載です。

22.0km/Lという燃費性能と合わせて、乗り心地の良い走行性能も備えています。ハンドル操作にきびきびと反応する自然な操作感で、爽快なドライブに連れていってくれます。

【第2位】フィアット 500:19.4km/L(JC08モード)

出典:https://www.fiat-auto.co.jp/500/

フィアット 500は、可愛らしいフォルムが特徴のコンパクトカーです。丸みを帯びたフォルムや微笑みかけているようなフロントマスクを持ち、ドライブに手がける人を明るい気持ちにしてくれます。

コンパクトサイズのボディと足回りの良さによって、狭い道もカーブもスムーズに走り抜けます。しっかりとしたボディ剛性で安定感も抜群です。

【第3位】アウディ A1 sportsback:16.3km/L(JC08モード)

出典:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a1/a1_sportback.html

アウディ A1 sportsbackは、コンパクトカーの概念を覆すべく、アウディ A1が進化したモデルです。他車にはダイナミックなデザインやゆったりくつろげる室内空間を備え、見た目にも中身にもこだわりが見られます。

さらに、1.0L TFSIエンジンを新たに追加したことによって、高性能・高効率を両立したスムーズかつパワフルなドライビング体験を実現しました。

燃費の良いセダンランキング

【第1位】プジョー 308:24.3km/L(JC08モード)

出典:https://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/peugeot-308.html

プジョー 308は、調和のとれた躍動感のあるエクステリアが目を惹くセダンです。フルLEDヘッドライトが存在感を放ちながらも、美しいボディラインで作られたコンパクトなボディに仕上がっています。

エンジンタイプは、クリーンディーゼルエンジン「1.5L BlueHDi」とガソリンターボエンジン「1.2L PureTech」の2種類です。クリーンディーゼルエンジンは圧倒的なトルクと加速を、ガソリンターボエンジンは高効率な走りを特徴に持っているので、好みの走りに合わせてユニットを選んでみましょう。

【第2位】BMW 1シリーズ:22.2km/L(JC08モード)

出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/1-series/5-door/2019/bmw-1-series-inspire.html

BMW 1シリーズは、緻密に考え抜かれたスポーティかつモダンなエクステリアが特徴のセダンです。カスタマイズ性にも優れ、キドニー・グリルやLEDヘッドライト、テールライトなどのオプション装備を組み合わせれば、自分好みの1シリーズができあがります。

運転を支えるテクノロジーはどれも革新的なもので、パワフルな加速や俊敏なレスポンス、路面状況に合わせて乗り心地を調整するサスペンションなどが搭載され、圧倒的なドライビング体験を体感できるでしょう。

【第3位】メルセデスベンツ Eクラス:21.0km/L

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/e-class/e-class-saloon/2020w213fl/stage.module.html?csref=sem_google_001_eclasssedan_202009&gclid=Cj0KCQiAqdP9BRDVARIsAGSZ8AliYmnGwobQGyf6UvY4KdemH4ZymFPkXHl_rYaFJehOMI7q33ChGogaAtvGEALw_wcB

メルセデスベンツ Eクラスは、ダイナミックかつスポーティなエクステリアがトレードマークの上質なセダンです。フロントマスクやスポーティなリアエンドなどがメルセデスベンツならでのプレミアム感を演出しています。

インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載しているのも特徴のひとつです。よりわかりやすく操作しやすく進化しており、すばやく運転をサポートし、快適で安全なドライブを叶えてくれます。

燃費の良いSUVランキング

【第1位】アウディ Q2:19.8km/L(JC08モード)

出典:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q2/q2.html

アウディ Q2は、一目でアウディとわかる特徴を残しながらも、個性的で斬新なデザインを採用したプレミアムコンパクトSUVです。見た目の存在感はもちろん、コンパクトなボディを生かして取り回しの良さに優れ、都会での運転にも対応しています。

先進装備も充実しており、安全かつ快適な運転が可能です。前方車両との車間距離を保つアダプティブクルーズコントロールや前方車両・歩行者を検知して作動する自動ブレーキ機能などを搭載し、ドライバーや同乗者、歩行者を守ります。

【第2位】ボルボ XC60:18.6km/L(JC08モード)

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60

ボルボ XC60は、2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー、2018年 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボのSUVです。気品と力強さを持ち合わせたエクステリアや乗る人すべてが快適な室内、実用的なラゲッジスペースなどで、多くの人を惹きつけています。

CO₂排出量と燃料消費を抑えた効率的な走りを実現しつつ、あらゆる場面を力強く走りぬくパワーを兼ね備えているのも魅力です。

【第3位】BMW X1:18.4km/L(JC08モード)

出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2019/bmw-x1-inspire.html

BMW X1は、スポーティさを兼ね備えたBMW X1ならではの異彩を放つエクステリアが特徴的です。キドニー・グリルやバンパー、LEDヘッドライトなどがパワフルな存在感と放ちながらも、アクティブさや大人っぽさも表現されています。

走行性能は、街のストリートも悪路もあらゆる地形を走りぬく圧倒的な性能を備えています。エンジンやトランスミッション、システムなどの革新な技術によって、縦横無尽な走りを可能にしました。

燃費の良いミニバンランキング

【第1位】BMW 218i グランツアラー:15.4km/L

出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2018/at-a-glance.html

BMW 218i グランツアラーは、街に映えるエクステリアや機能的なインテリアを両立したミニバンです。ダイナミックでスタイリッシュな見た目は、街で見かけた人が思わず振り返ってしまうような、鮮烈な存在感を放ちます。

フレキシブルなシートアレンジや最大1820Lに拡張できるラゲッジスペースなどがドライブの可能性を広げます。さらに高回転・高効率なエンジンによって、爽快なドライビングや優れた燃費性能なども叶え、心が沸き立つ旅へと誘ってくれるはずです。

【第2位】メルセデスベンツ V-Class:15.3km/L

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/explore.html

メルセデスベンツ V-Classは、走行性能にこだわったプレミアムなミニバンです。メルセデスならではの走行性能を備え、街中だけでなく高速道路などあらゆる道における運転のしやすさを実現しています。

室内にもメルセデスのこだわりがちりばめられ、精緻に作られたシートや多彩なシートアレンジ、3種類のラゲッジスペースなどによって、居住性や積載性、機能性の三拍子を備えているのが特徴です。

【第3位】フォルクスワーゲン シャラン:15.0km/L

出典:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/sharan.html

フォルクスワーゲン シャランは、全席独立型の3列シートを採用したミニバンです。広々とした室内空間は、多彩なシートアレンジによって表情を変え、シーンに合わせて荷物や人を乗せることができます。左右に装備されたパワースライドドアによって、乗り降りや荷物の出し入れもラクラクです。

パワフルでクリーンなディーゼルエンジンを搭載することによって、トルクフルな余裕のある走りも実現しています。居住性や積載性、走行性能、燃費性能などを生かして、家族でのいつもより遠くへのお出かけを叶えてくれるでしょう。

燃費の良い車にお得に乗るならカーリース

燃費の良い車は維持費用を節約することができ、家計に優しい車と言えるでしょう。しかし、燃費の良い車を購入するためにはまとまった費用が必要になりますので、購入が難しいという方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが「カーリース」の利用です。カーリースでは、月々定額の利用料金を支払うことで、業者が取り扱っている車を利用することができます。

月額料金には、保険料や車検料、税金などの諸経費が含まれているので、別途維持費用がかかる心配はありません。業者によっては、メンテナンスパック・サービスが含まれている場合もあり、メンテナンスの手間をなくして車に乗るだけにすることも可能です。

特に国産車であれば新車リース クルカが、外車であればサーフカーという業者が業界の中でもそれぞれ最安値でリースをすることができます。

燃費の良い車を選びたいものの、購入するか迷っているという方は、ぜひカーリースの利用を検討してみましょう。

まとめ

今回は、燃費の良い車について、国産車・外車それぞれのボディタイプ別ランキングをご紹介しました。

燃費の良い車ほど少ない燃料で長い距離を走行できるようになるので、コストパフォーマンスが高くなります。燃費の良い車を選ぶ際は、「e燃費」やメーカーサイトなどを参考にして、カタログ燃費や実燃費をチェックすることが大切です。

ここでご紹介したランキングを参考にして、購入やカーリースなどの方法で、燃費の良い車を手に入れてみましょう。