車を購入する時期はいつがいい?お得に車を買い替える方法を解説!

車を購入する時期はいつがいい?お得に車を買い替える方法を解説!

皆さんは車を購入する時期についてはいつが良いかご存知でしょうか?

車は大きな買い物なので、購入する時期を選ぶことがメリットに繋がります。「車を購入したいけど、いつ購入すればいいのか悩んでいる…」という方も、購入時期を知っておくことでお得に新車に乗れる方法があります。

今回は、あなたが楽しいカーライフを送るために、車の購入時期やお得に車を買い替える方法について解説をしていきます。

車を買い替えるための準備

車を買い替えるときの準備といったら、どんなことを思い浮かべますでしょうか?購入する車についてのリサーチや今の車の下取りのことなど、思いつくだけでもたくさんあります。

ここでは、車の購入の事前準備をするうえで、知っておくと便利な情報についてまとめましたのでチェックをしていきましょう。

車の購入まではどのくらい時間がかかる?

車を購入するまでには、約1ヶ月かかると考えておきましょう。車を購入する事前準備は、おおまかに車種の選択、値引き交渉、今乗っている車の下取り、自動車保険の切り替え」などがあります。

また、車種の生産状況によっては乗り出せるまでの時間がかかってしまうことも多いので、注意が必要です。具体的な車の購入の流れを確認しておきましょう。

①車種の選択

車種を選ぶときは、「2.3日~1週間」ほどの余裕をもって決めることをおすすめします。

車を購入したいと考えたときに、すでに車種を決めていたり、車のボディタイプ(コンパクトカー、軽自動車、SUVなど)だけはイメージしているという方も多いかもしれません。欲しい車を購入することが一番だと思いますが、実際に今の自分のニーズに合っているのかを確認することが大切です。

例えば、今乗っている車のタイプに不足を感じていて車種を選ぶ場合には、乗車定員や積載性を重視した車種を選択する必要があります。家族が増えたり、子供が成長してきた場合は乗車定員が増えることで、コンパクトカーからワンボックスカーに変更することが多いのではないでしょうか。

また、逆に子供が独立した場合は、ワンボックスからセダンへの乗り換えも。自分のライフスタイルに合わせて、その時に一番合う車を選ぶようにしましょう。

②値引き交渉

欲しい車を購入する場合の値引き交渉についても、1週間位の余裕をもってじっくり交渉と検討をしていきましょう。

今乗っている車を購入した販売店や担当者と長い付き合いであれば、懇意にしてくれる場合もありますが、自分での価格のリサーチも大切です。最近はインターネットでの情報を集めることも比較的簡単だといえるでしょう。

実際に購入した人の口コミや、他社の同系統の車種と比較して、どのくらいの価格まで交渉ができそうかを事前に確認しておく事が大切です。そうすることで、意外と安く購入できる可能性もあります。新車の場合は定価が決まっていたり、中古車でも値引き額の限界はありますが、事前にリサーチしておけば、値引き交渉に有利になるはずです。

③車の下取り

車を買い替える場合は、下取りと買取りを比較してみましょう。1週間ほどかけて、数社に見積もりを出してもらうなど、じっくり選ぶことがおすすめです。

一般的に、車の買い替えにあたり、新しい車を購入する販売店やディーラーに下取りをしてもらうことが多いのではないでしょうか。下取りは、手続きが楽で、新しい車から割引をしてもらえるので、メリットはあります。

しかし、デメリットとして、ディーラーが下取り車を引き取った場合に、展示、維持の費用がかかるため、下取り金額が安く設定されていることが多いのです。そのため、少し面倒でも買取業者に査定してもらい、下取りのメリットと買取金額の差を確認して、どちらが良いか慎重に選択するようにしましょう。

④自動車保険の切り替え

自動車保険は車を乗り換える時の手続きが必要です。自動車保険で登録している車を変更するイメージですが、自動車の排気量によって保険の掛け金が変わる可能性があります。

また、買い替えのタイミングで他の保険会社の見積もりを取ってみることも大切です。自動車保険は現在の等級によって割引率が異なるので、そのメリットを享受できる保険会社を探してみましょう。

新車を買い替える時期

新車を買い替える時期におすすめなのは、3月と9月です。なぜかというと、この時期には販売店やディーラーの決算があり、決算前に売上をあげたいという販売店側の思惑があるからです。

そのため、値引きやオプションなどのサービスを受けやすく、結果的に車をお得に購入することができます。

また、ボーナスに合わせて新車を購入したいと考える人も多いため、ボーナス支給月である7月と12月も販売店側がキャンペーンやプロモーションを仕掛けてくる時期です。欲しい車を見つけたら、お得に買える時期まで待ってから、新車を購入するのも良いかもしれません。

中古車を買い替える時期

中古車を買い替えるのに、おすすめな時期はいつだと思いますか?実は、中古車も新車と同じ「3月、9月」の時期が狙い目です。

新車が売れるということは、それだけ下取りの車が増えて、中古車の数が増えます。数が増えることで価格が下がるので、良い中古車を安く手に入れるには絶好のチャンスといえるでしょう。

また、季節による需要を見極めることも大切です。例えば、オープンカーは気候が暖かくなったころから夏にかけて需要が増え、冬に向かって需要が減ります。そのため、夏を過ぎたくらいに購入を検討すると価格交渉がしやすくなり、お得に購入出来る可能性が高まります。

車の購入時期と税金

車を購入する時期で、車の税金は変わります。具体的には、自動車にかかる「自動車税」は4月1日の時点で自動車を所有している人に課税される仕組みになっていますが、購入時期によって課税される期間が変わり、結果的に支払う税金の金額が変わります。

せっかく購入をするのであれば税金もお得に買うことができるように、軽自動車と普通車に分けておすすめの購入時期をご紹介します。

軽自動車の自動車税

軽自動車は、4月2日以降のできるだけ早い時期に購入するのがおすすめです。軽自動車は、購入した翌年度から自動車税が加算されるため、4月に購入すれば、約1年分の自動車税がかからないことになります。そこで、4月~6月くらいの購入がおすすめなのです。

ただし、軽自動車の場合、車を買い替えた場合の支払った自動車税の還付はありません。自動車税は、1年分をまとめて支払うのですが、軽自動車の場合は年度の早い段階で車を売却したとしても還付がないので、注意しておきましょう。

普通車の自動車税

普通車は、自動車税を節税するのなら月初に購入するのがおすすめです。普通車は、購入した翌月から税金が加算されるるので、月末に購入するより月初に購入することで約1ヶ月分の自動車税がかからないことになります。普通車を購入する場合に、月末の納車になりそうであれば月初に変更してもらうことで、少しお得に車を手に入れることができます。

また、普通車の場合は、自動車税の還付があるので、自動車を乗り換えた場合に支払った分の自動車税を月割で返金してもらえます。普通車の買い替えの時は忘れないようにしておきましょう。

自動車税についてのまとめ

車種 納入方法 おすすめの購入時期 自動車税の還付
軽自動車 4/1に所有していたら1年一括納入。
4/2以降に所有した場合は、翌年(4/1)まで納入なし。
4/2以降〜
年度の早い時期
なし
普通車 所有した翌月から3月末までの分を月割で一括納入。 月初 あり

車購入時期とコロナ

新型コロナウイルスの流行は車の購入に関しても、影響を与えています。

新型コロナウイルスの影響と2019年10月からの消費税増税の影響が重なり、2020年6月の新車の販売台数は前年比80.1%と減少傾向。新車の流通が減ったことで、中古車の登録数も減り、2020年上半期(1~6月期)の中古車登録台数は統計が始まって以降、過去最低水準となっています。
(出典:日本自動車販売協会連合会ホームページ

このため、新型コロナウイルスの影響が残る間は、販売店側も車を売るために価格交渉に応じてくれる可能性が高いと考えられます。現在車の購入を検討している人は、早い段階で購入する方が良いでしょう。

時代や時期に左右されないカーリース

車を今すぐ購入したいと考えていても、経済的な面や手続きの煩雑さから購入を先延ばしにしたいという方も多いのではないでしょうか。そこで、おすすめなのが時代や時期に左右されない「カーリース」です。

カーリースとは、車のサブスクリプション(定額サービス)で、月々定額を支払うことで、自分だけの車として、自由に乗ることができます。具体的には、購入したい車をカーリース会社に購入してもらい、カーリース会社に月々決められた金額を支払うサービスです。

支払う期間が数年と定められていて、支払いが終了した時点での下取り価格が決まっています。その下取り金額をあらかじめ総額から引いた金額を、月々の支払いに分割しているので、支払いの金額に無駄がなく、結果的に安く車に乗ることができるのです。

また、カーリースは車の購入価格に左右されないため、コロナ禍の現代であっても購入時期を選ぶ必要もありませんつまり、いつカーリースをはじめてもお得に車に乗ることができます。

最大のメリットは初期費用を抑えて新車に乗ることができることです。また、複数の人で利用するカーシェアと違い、カーリースは自分だけの車として独占して使用することができるのです。もちろんナンバーも「わ」ナンバーではないので、人目が気になる場面でも乗りやすいところが魅力です。

カーリースは「新車リース クルカ」がおすすめ!

前述でもご紹介をした通り、カーリースはメリットも多く、現代人の生活様式に適していることから注目度が上がっています。

その中でも「新車リース クルカ」はカーリースのメリットを感じられるサービスが多くおすすめです。リース料金の支払い金額を安くして新車に乗りたいという方は、ぜひチェックしてみてください!

クルカと自動車ローンの違いまとめ

クルカ 一般的な自動車ローン
所有権 所有物にならない ローン完済後、所有物になる
支払方法 月々定額 月々の支払いを安くするためには、
長期ローンになる
(ローン金利が大きくなる)
税保険 カーリース会社が負担
(自己負担なし)
自己負担になる
乗換方法 毎年新車に乗れる
(毎月の定額負担のみ)
下取り金額次第で新たな費用がかかる
(再度ローンを組む必要がある)

月々の支払い金額が50%安くなる

クルカは、最低価格保証を実現していて、自動車ローンと比較すると月々の支払いが50%安くなります。カーリースなので、車は自分の所有にはなりませんが、5年位で買い替えるのであれば断然クルカがお得です。

月々の支払い金額には自動車税や車検の料金まで含まれているため、月によって支払い金額が変わりません。「来月は車検だ…」と痛い出費にナーバスになることもありません。自動車ローンで車を購入した場合は、ローンの金利も大きい負担となります。自動車ローンで購入しようと考えている方は、ぜひクルカと月々の支払い金額を比較してみてください!

毎年人気の新車に乗れる

クルカでは、自分のほしい新車を選ぶことができます。さらに、毎年新車に変更することも可能自分のライフスタイルに合わせて、その年に必要な車を選ぶこともできます。頭金0円で初期費用の負担も軽いため、すぐに乗り始めたい人にもおすすめです。

車を購入した場合は、毎年車を変えることが難しく、購入した後に理想と違う部分があっても、我慢して乗り続けなくてはいけないことも。でも、クルカで契約すれば1年ごとに気になる新車を乗り換えていくことで、自分にピッタリの車と出会える可能性も広がります。

まとめ

今回は車の購入時期やお得に車を買い替える方法などについてご紹介をしました。

新型コロナウイルスの流行は車の購入にについても影響を与えています。この影響をチャンスとして購入することも1つの方法ですが、今注目されている車のサブスクリプションの一つである「新車リースクルカ」を利用して、より自分のニーズにあわせた使い方に切り替えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

「クルカ」のようなカーリース を利用すれば、面倒な車検や自動車税も込みの定額リース料金だけで、毎年新車に乗り続けることができます。ぜひ、あなたのライフスタイルにあわせて選んでみてくださいね。